FC2ブログ

MyoldSteamers

現役蒸気と復活蒸気。模型と日々の出来事も。

1973/9、七尾線和倉

皆さんこん○○は。

いよいよ首都圏は緊急事態宣言が間近いようですね。
大病院での院内感染が判明した時点で時間の問題となったと思うのですが・・・
私の勤務先は中小企業ですが、先週末から在宅勤務と時差出勤を開始しました。


1973/9 七尾線和倉→田鶴浜 
C56159【七】牽引貨物173レ

時刻は17:38(定時ならば)。この少し前、上りDCとの交換シーンは夕陽ギラリでしたが、
この時点ではすでに陽光は翳っていました。

NanaoSaninSep1973021-1-2.jpg
お約束の後追いです。
この場面ですが、ある方のブログでの、ある記事におけるやり取りをご覧いただけるとピンとくるものが・・・

実はこのコマ、長いこと行方不明で、未スキャンネガの中に混じっていました。

えへへ~、オーバークロスがちゃんとあるじゃん。それでどうした?と問われると、いや~それだけなんです。
不要不急の趣味三昧、困ったものですね。
スポンサーサイト



石原町の夕方

皆さんこん○○は。

先週、義父が徐脈で緊急入院し、ペースメーカー埋め込み手術を無事に終了。
術後の経過も順調で(面会は一切禁止)近日中に退院の予定です。
義父は93歳。よく超高齢にもかかわらず、頑張ってくれたものです。


1973/3 日田彦山線石原町

待機中のホキ貨物は5796レ。16:24に発車します。志井方から進入してきたのはD51275牽引の5751レ。16:15通過です。
RF誌のおススメ記事+写真ではギラギラになる場面でしたが、曇天でSSが一杯一杯。
f3.5の135mmで開放で撮影した結果がこれでした・・・

C6118【宮】高鍋発車

皆さんこん〇〇は。

最近は不要不急の外出は自粛しており、その一方で所用は色々とありまして、
結果として本日も昔の写真をアップいたします。


1973/3 日豊本線高鍋→川南

C6118【宮】牽引貨物2560レ

時刻は6:34。南国宮崎でも3月のやや曇天ではまだ陽光は届いていませんが、そこそこの明るさを確保できました。
この界隈は平坦線ですが、さすがに貨物の引き出しとなればスロットルを開けてきました。

KyuushuuMar1973103-1dpp.jpg
お約束の後追いです。
一瞬、ワム1輌か?と思いましたが、ところがどっこい。空コキが2輌目でした・・・
狙いは朝日にギラリでしたが、そんなのはとんでもなく。
曇天の空の下、小丸川橋梁に飛び出していきました。

D51バック運転

皆さんこん○○は。

本日も昔の写真をアップします。


1973/3 日田彦山線石田→志井

D51382【門】牽引ホキ空車

このころ、石炭を運ぶ運炭列車はもはや盛りを過ぎていましたが、代りに石灰石を運ぶ列車は
まだまだ盛況でした。平尾台にある石灰石鉱山から破砕した石灰石をホキ貨車に積み込み、
これを門司操車場あるいは門司港まで運ぶスジが多く設定されていました。

門司のD51が日田彦山線の呼野(引込線で平尾台の東谷鉱山まで)と門司操車場・門司港の間を
ピストン輸送していました。石灰石輸送に携わる罐はそうなのですが、テンダーからボイラーまで
白っぽくなっていました。

そして門司操車場方面から鉱山へ空ホキを戻すスジは、逆向きD51のスジが多くありました。

色んな車輛が並ぶクラ

皆さんこん○○は。

本日も昔の写真をアップします。


1972/3 宮崎機関区にて

左からDF50560、C6118、そしてバス窓のキハ17が並んでいます。
この取り合わせは、この時期のローカル線の代表選手たちとも言えます。

青森電化によって古巣を追われて、最後の活躍の場を日豊本線延岡・宮崎の
平坦区間に求めたC61たち。(このころD51時代を含めた通算車齢29年)
本来は蒸気機関車を駆逐すべく投入されながら、出力の弱さのために宮崎電化で
駆逐される運命のDF50たち。(車齢15年?)
そしてかつて一世を風靡したキハ10系の生き残りたち。(車齢18年?)

機関区を訪問すると色んな車輛に巡り合えました。何気なく撮影した一枚でしたが、
当時の活気あふれる鉄道風景が蘇ってきます。