構内踏切(その7)

皆さんこん〇〇は。

日時場所は不明、人物の特定も困難な一枚です。



Olympus OM-D E-M1 + Bodycap Lense 15mm f8

続きを読む

スポンサーサイト

炭都の黄昏(その2 キューロク往来)

皆さんこん〇〇は。

シリーズその2は、このシリーズの発端となった狂電関人さんに敬意を
表して、キューロクのラストナンバー登場です。


1972/3/XX  伊田?79669

特徴あるカーブの駅ホーム。確か伊田駅だったと思います。

KyuushuuMar1972243-1dpp_20170815214848ccd.jpg
同日同所

テンダーには形式入りプレートが付いていました。
キューロクとハチロクには、正面が形式入りでなくて、テンダーが形式入りプレートという
汽罐車が多かったと思います。拓本を取るマニアも多かったですね。

KyuushuuMar1972269-1-2dpp.jpg
1972/3/XX 後藤寺?

これは同じ3月ですが別の日でした。
後藤寺線には重連回送も多くありましたから、これはそれだと思います。
デフなし化粧煙突のラストナンバー。点検窓はキャブ下に切り欠き。

1972/5に廃車となったため、これが最後の撮影となりました。

続きを読む

炭都の黄昏(その1 二つのTT)

皆さんこん〇〇は。

狂電関人さんの「門カタ 有煙から無煙へ」を拝見して、直方のターンテーブルは二つあった
ということに、はたと過去アーカイブを紐解いてみました。


1972/3/XX 直方にて

出来が悪い一枚ですが、扇形機関庫とターンテーブルの写真がこれくらいしか
見つかりませんでした。

KyuushuuMar1972231-1dpp.jpg
同日同所

確かにもう一つターンテーブルがありますね。
残念ながらターンテーブルに乗っていたのは49679ではなく、49675でした。惜しい!

構内踏切(その6)

皆さんこん〇〇は。

今月いっぱいと来月上旬まではおそらく撮り鉄を休むつもりであります。

構内踏切シリーズの続きであります。
日時場所は不明、人物特定が困難な一枚です。



Olympus OM-D E-M1 + M.Zuiko 40-150mm f2.8

続きを読む

白く輝く

皆さんこん〇〇は。

迷走していた台風5号が結局は日本列島を襲っています。
暴風雨に見舞われている地域の方々もいらっしゃると思います。
ご無事をお祈り申し上げます。


1972/8/XX 日豊本線楠ヶ丘信号所

山之口から楠ヶ丘信号所まで貨物列車を牽引して、ここで束の間の休息。
夏の太陽もさすがに西に傾き、逆光の中に汽罐車と貨車が白く輝いています。
いつまでも眺めていたい、ほんの一瞬の静寂でした。

あまりにも白く輝いていたため、私には汽罐車の前面に錆が浮いていたことも
よくわかりませんでした。早岐から転属してきた174号機の宮崎での余生は
1年に満たず、翌年3月に訪問する前に廃車となっていたと思います。

続きを読む

プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR