鐡楽者展

皆さんこん〇〇は。

本日、「鐡楽者」展に行ってまいりました。
前列の3名(1名を除く)が出展者の方々です。



P1000024dpp.jpg
これは出展作品のごくごく一部です・・・それでもこのド迫力!

P1000031dpp.jpg
うわっ!なんだこりゃ~

P1000007dpp.jpg
これはどこのロータリーですか???

P1000018dpp.jpg
極めつけはこれだぁ!汽笛プロってなに?

皆様、お疲れ様でした!!!

shashin002dpp.jpg

「鐡楽者」展は9月3日(日)までこちらで開催中です!
スポンサーサイト

おまけです

皆さんこん〇〇は。

本日はある場所に行ってきまして、これはその帰り。



それにしても、凄まじい集中豪雨でした。我が家で雹が降ったのは初めてでした。

続きを読む

写真展訪問

皆さんこん〇〇は。

前回アップの追記に書きましたが、先だっての日曜日に
ブログでお世話になっている山岡山さんが出展されている写真展を訪問。
ご本人にも初めてお会いできました。



最終日でしたので、ぎりぎりでした。
なお、入場料は500円。それだけに、展示はパネルもキャプションもかなり気合が入ったもの。
また、出展者の方々も名だたるもの。
面白い試みとして、鉄ちゃん向けの部と、猫好き向けの部を同時開催(フロアが異なる)して、
集客アップを狙っていたこと。事実、猫好き向けのフロアでは若干違う客層が見られました。

IMG_2511dpp.jpg
こちらが山岡山さんのコーナー。向かって左半分。

IMG_2510dpp.jpg
同じく。右半分です。

IMG_2516dpp_20170804215719508.jpg
キャプションです。

このほか、ご本人のプロフィールとお写真もありますが(私との記念撮影も)
こちらは割愛させていただきます。

山岡山さんの写真の特徴としては、中国地方の鉄路という比較的地味な撮影対象ですが、
自然現象を巧みに取り込み、光線の活かし方もかなり大胆。
現像ソフトもそこまで使うことなく、実に感心する色使いを見せてくれます。

使用レンズはすべて単焦点という写真の原点に立った姿勢で、かなり神経を使った
フレーミングをされます。

鉄道風景写真はフレーミング、車両の目立たせ方、そして光線の活かし方が三大要素だと
思っていますが、そのすべてで「なるほど!」という作品を発表されます。

まぁ、私などが評するのもおこがましいことこの上ないので、ここらでやめておきましょう。

最後に、今回の写真展の入り口でばったりお会いしたkoppel-2さんを始めとする鐡楽者の方々の
写真展を告示しておわりとさせていただきます。

shashin002dpp.jpg

会場のギャラリー蒼穹舎はこちらをご覧ください。

三脚の交替

皆さんこん〇〇は。

本日は撮影道具の話です。



復活撮り鉄となった2008年以来、この義兄の遺品の一つであるGitzoと行動を
共にしてきました。が、5月の只見線でいくつかの俯瞰撮影で山登りをするうちに、
あまりの重さに自分で悲鳴を上げてしまいました。

ちなみに、5kgあります。どんな強風でもびくともしない堅牢さはさすがです。
ただ、カメラとレンズを軽量化してきて、この三脚を持って山登りというのは、
どうにもナンセンスだなぁ、と思えてきました。

復活撮り鉄の最初は、フィルムカメラ・レンズ・三脚とも義兄の遺品で開始しました。
そのうち、カメラがデジタル化して、レンズが追随し、さらに軽量小型化。
最後に残ったのが三脚でした。

IMG_2478dpp.jpg
というわけで、これになりました。
なーんだ、Gitzoじゃないの、といわれそうですが、うーん、10万円超の三脚は
買えないですよ。実は、先月の釜石線が新三脚のデビュー戦となりました。
まだ山登り俯瞰の伴となるのは先の話ですね。

今年の桜

皆さんこん〇〇は。

ソメイヨシノは首都圏ではほぼ終わりましたが、八重桜はこれからですね。


我が家の近所のおうちの先週半ばのソメイヨシノです。
すでにすっかり散って葉桜になっています。

IMG_2254dpp.jpg
近所の碑文谷公園の夜桜です。

IMG_2249dpp.jpg
花筏とまでは言い難いですが・・・

IMG_2272dpp.jpg
昨日訪問した碑文谷公園の八重桜。夕陽に映えました。

IMG_2276dpp.jpg
同日同所。ちょっと違う種類ですね。
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR