加太珍撮(その2)

皆さんこん○○は。

大井川鉄道と真岡鉄道が長らく続き、そろそろ目先を変えるべく、
現役蒸気時代の関西本線加太界隈の珍作品を再びアップします。


1971/12/XX 関西本線関→加太

早朝の荷物列車でしょうか。
加太の場内信号周辺からオーバークロス付近を通過する汽車を撮影
していますね。
露出はかなりオーバーでした。

Kansai031-1dpp.jpg
関西本線中在家信号所→加太

川沿い区間にて、珍しくも客レを撮影。しかし加太に向かって下り込みでした。
まだまだ流し撮りなんてワザは使えませんでした。
スポンサーサイト

加太珍撮

皆さんこん○○は。

ここのところ、「銀『塩』鉄道の夜」の管理人さんや、「煙を求めて幾千里」の管理人さん
関西本線加太周辺の蒸気現役時代の写真をアップされてました。

そこで、私も遅ればせながら、コラボ参加いたします。


1971/12/XX 関西本線加太→中在家信号所

関西本線加太は最初に訪問した場所でした。中学3年生の冬休み。
したがって、かなり作品の出来は怪しいものになっております。

後補機と煙を手持ちで追っていったら、いつの間にか本務機はフレームアウト。
こんなのは序の口です。

Kansai042-1dpp.jpg
同日同所

今度は中在家から加太に下っていく短編成の貨物。
ぶら下がりの後補機の集煙装置と重油併燃が手前に
ぼやっと写っています。

Kansai032-1dpp.jpg
同日同所

これは大カーブの加太寄りにある直線区間にかかった下り込みの貨物。
牽引するのはシールドビームつきのD51646でした。
それにしても、カメラを上に向けすぎて、意味なく空を大写ししてました。

C50ラストナンバー

皆さんこんばんは。

実は明晩ですが、都内某所である会合があります。
そこで再会を楽しみにしていた福岡在住のM先輩からメールが。
お仕事が多忙なために今回はご欠席とのことなんです。

M先輩のお仕事というのは、建設材料の販売でありまして、
それが多忙というのは景気が良い証拠のようなものです。
お会いできないのは残念ですが、景気が順調に回復というのは
うれしいことですね。


1971/12/XX 亀山駅にて C50154

Kansai068psdpp.jpg
同じく

ただの駅撮り写真で恐縮です。
トップナンバーは誰でも見ればわかりますが、ラストナンバーって
意外とわからないもの・・・ではないでしょうか?

逆光の白煙

皆さんこんばんは。

だいぶ年の瀬も押し迫ってきましたが、年越しの準備はいかがですか?
家内の実家の墓所が清澄の方にありまして、今年最後の墓参りを兼ねて
下町に行ってきましたが、お寺さんはすでに松飾りを置いてますね。


1971/12/XX 関西本線加太→中在家信号所

この写真はもしかすると初出ではないかと・・・。
ようやく発掘しました、私の最初の泊りがけでの蒸気撮影行(友人と二人旅)
でありました。

この当時は逆光の白煙というのが好きになれず、このコマは長いことボツのままでした。
画面もキズ、カビ、そして一部露光?があったのか、かなり難しい状態。
なんとかお化粧しましたが、見苦しいところはお許しください。

マイオの昭和写真館(加太)その4

皆さんこんばんは。

さてさて、10月末の只見線、11月前半の大井川、同月末の磐越西線、そして先週末の水郡線。
復活運行もいろいろ訪問いたしまして、あとは残り物(といっても望遠画か引き画、あるいは動画)
を少し間をおいてお見せする感じですか・・・。

ただ、それでは芸もないので、ときたま現役発掘画もはさんでいきたいと思います。

それでは、関西本線加太のシリーズの続きをいってみましょう。
1971/12/20と翌日の撮影です。


どうもこれが20日の最後の撮影かと思います。かなり影が築堤カーブの奥に忍び寄っています。

Kansai064psdpp.jpg
どっこいしょと農婦が線路脇に休憩中。この人は列車が来てもまったく動じることなく居座っています。
大物ですねー(笑)。

Kansai065psdpp.jpg
しかしこの貨物も荷が少ないなー(汗)。せっかく望遠を付けている(同行の友人に無理言って借りた)
というのに・・・。

Kansai089psdpp.jpg
これは翌日の午前中。加太駅から関方面へ発車した列車です。

Kansai087psdpp.jpg
関から登ってきました。オーバークロスの上から撮影しています。この後なにが起こったか、今でも
この画を見ると思い出します。そうです、強烈に煙に巻かれました!
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR