夜たの1975@留辺蘂

皆さんこん〇〇は。

ぜっきあいずさんのD51498夜たの、そちらに触発されたひぐま3号さんの夜たの
アップされています。残念ながらD51498の夜たの写真がないので、現役時代の
石北本線D51に遡りました。以前にコマ違いの写真をアップしています。


1975/2/XX 石北本線留辺蘂

確かにアナログ時代の夜たの写真には現像が上がってくるまでのワクワク感たるや、
筆舌に尽くしがたいものがありました。
この一枚を最初に見た瞬間に頭に浮かんだこと、それは網膜に焼き付いた記憶では
プレートが鈍く光っていたのに、それを表現しきれなかった悔しさ。
一方でコバルトブルーの空色がきれいに出た満足感とがないまぜになりました。

これもオリジナルはエクタクローム。5年ほど前のスキャンですが、比較的退色が
少なかったのは幸いでした。
スポンサーサイト

最果ての行路

皆さんこん〇〇は。

久々に現役時代のアーカイブから何枚かアップします。
まずは、ぜっきあいずさんの最近アップに触発されてのものです。


1975/2/10 宗谷本線南稚内→抜海

再掲載になるのですが、ブログ上は別々の日にアップしていたため、なかなか一連の続き写真を
楽しみにくい状態でしたので、1回にまとめてみました。

なお、カラーは最初の一枚だけで、あとはモノクロになります。

hokkaido224-1-1dpp.jpg

hokkaido225-1dpp.jpg

hokkaido226-1dpp.jpg

hokkaido293-1dpp.jpg
そして、なぜか列車が去った後にカラーが一枚。
記念撮影のつもりだったのでしょうね。

雪晴れの朝

皆さんこん〇〇は。

おじさんたちのキューロク記念日が今年もやってきました。
今年のチョイスは、以前に「あの日の朝」のタイトルでアップした一枚。
ですが、今回は当時は持っていなかったレタッチソフトを使ってお化粧しました。


1975/2/XX 湧網線卯原内付近 49600牽引

画面左奥に広がるのは結氷して雪が積もった能取湖。
一番好きな画面左奥からの半逆光光線の中、キューロク牽引の貨物が
ゆるやかなSカーブを曲がってきました。

オリジナルの画は白トビとカビが目立ち、5年前にデジタル化したのが原画と
言ってもよい状態となりました。さすがのエクタクロームもよくぞデジタル化まで
もってくれたと言うべきなのでしょう。
そういう意味では、この一枚は私の心象風景に近くなっているのかも知れません。

続きを読む

北のキューロク、一休み

皆さんこん〇〇は。

「キューロクの日」が近づいてきましたので、前座ということで。



1975/3/XX 追分機関区にて

二つ目キューロクならぬ三つ目キューロクの19650でした。
これは、既出コマの前後コマです。
罐替え中のキューロクと、乗務員さんたち。

「大雪落ち」の雄姿

皆さんこん〇〇は。

納涼大会シリーズの続きをお送りします。


1975/3/XX 石北本線???女満別→呼人???

これをどこで撮影したのか、自信がないのです。背景は結氷した網走湖らしく見える。
ということは、女満別・呼人か、呼人・網走か。
しかし、後者は別の日に撮影しており、同じ駅間に行くことはまずない。
とすると、女満別・呼人なのかしら・・・

ただ、美幌周辺で撮影していた日もあるので、もしかしたらそっちかも知れません。
「大雪落ち」のスジはかなり朝早くだったので、美幌ではまだ暗すぎて、
女満別辺りで迎え撃った方が話としてはわかりやすいのですが・・・

続きを読む

プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR