藤の花二題

皆さんこん〇〇は。

しばらく撮影から遠ざかっておりまして、一旦シリーズ終了した
只見線蒸気運行から残り画アップです。


2017/5/21 只見線会津坂下→若宮

「これが神社?」でアップした写真から右に振っていきますと、こういう場面となります。

赤いお社がすぐ左にあり、ブランコと藤棚があります。
そういえば、今回は桐も藤も絡める場面がなかったなぁ。
ということで、藤棚でも良し、としてしまいました。

P6032089dpp.jpg
2017/6/3 那須のどこか

でも本当は山藤ですよね。
今回は、違う場所の写真で胡麻化してますが、
次回への課題(またですか?)といたしましょう。
スポンサーサイト

これが神社?

皆さんこん〇〇は。

本日でながらくお付き合いいただいた只見線シリーズを一旦終了します。

IMG_8148-1dpp.jpg
2017/5/21 只見線会津坂下→若宮

前回アップの一橋俯瞰を撮影後、なんとか下山。
すでに足が上がらなくなっていましたが、もしかして
柳津と坂下の停車時間で先回りできるかも・・・

坂下からなるべく離れた地点を選ぶのが賢明なのですが、
私は逆に坂下に近い地点に向かいました。
一橋俯瞰ですでに満足感を十分に得ていたので、完全に
おまけ撮影の心境。

特に、狙う場所の候補があったわけではなく、ふとこの真っ赤な
小屋に惹きつけられました。
鳥居と灯籠がありますので、これはお社のようです。
カットしてありますが、真っ赤な小屋の右には、子供用の遊具と
藤棚がありました。してみると、お社兼子供の遊び場兼涼み場所?

まぁ、そんなことを詮索しても始まりません。すでに坂下発車の汽笛が
響いてきました。それでは最後のワンカット撮影と参りましょう。
また来年の運行を願って・・・。

俯瞰、冥利に尽きます

皆さんこん〇〇は。

本シリーズの冒頭に掲出しました一枚は、この場所での引き画。
本日のアップが寄せ画となります。


2017/5/21 只見線会津西方→会津桧原

Olympus OM-D E-M1 + LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm f4.0-6.3 ASPH

三橋の国道対岸で撮影後、ikaringさんを待っていたら、そこへ高崎のNさんもご登場。
高崎のNさんとは羽越の三瀬俯瞰でご一緒したのが初対面でした。

なんと、「一橋の対面俯瞰の上段にいかがですか?」のお誘い。
「旧船着き場のところが・・・に変わっているけど」に一瞬脱力しましたが、
それはそれで、まずは行ってみたい!

実際に登ってみると、Nさんに付いていくのが精一杯。
それもときどきお待ちいただき、休憩も取らしていただいて。
なんとかかんとか、この絶景の地に立たせていただきました。

この立ち位置で、すでに先着の長岡のHさんはじめ、いろんな方々にお会いしました。
この絶景を味わいつつの色々な出会い。
まさに俯瞰、冥利に尽きるとはこのことでした。

Nさん、またよろしくお願いいたします。

一陣の風

皆さんこん〇〇は。

さて、前回アップの城跡俯瞰では、たまちゃんと久々に並んで撮影。
軽い気持ちで「次、どこで写すの?」と聞いたら、「三橋の国道対岸」というので、
これも私は初めての場所だったので、まぁ行ってみるか・・・と。

IMG_8129-1dpp.jpg
2017/5/21 只見線会津宮下→早戸

ここで、ikaringさんが場所を譲ってくださいまして・・・。
ikaringさんとは、以前に真岡でお互いそれと知らずにすれ違っていたのですが、
ちゃんとご挨拶したのは今回が初めてでした。

そして、さらにこの後に色々と出会いがありますが、それはまた次回に。

写真の方・・・汽車が狙い場所にかかったところで、一陣の風。
煙が暴れた!(煙があるだけ感謝しろ、という声もありますね)
水鏡の方はなんとかなってるんですが・・・
まぁ、こんなものですね。

城跡より

皆さんこん〇〇は。

さて、只見線本運行の日曜日です。
一発目はどこにしようか、と考えて、昨年行けなかった城跡から
撮影することにいたしました。


2017/5/21 西若松→会津本郷

汽車は右上の橋梁上です。さほど標高差がなく、よって俯角の利いていない景色。

ただ、この場所は思わぬおまけがありまして・・・

P5211997-1dpp.jpg
同日 会津鉄道南若松→門田

田んぼに水鏡でディーゼル単行。こちらの方が気に入ってしまいました。
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR