FC2ブログ

MyoldSteamers

現役蒸気と復活蒸気。模型と日々の出来事も。

Category: 会津只見(現役・復活)

滝谷駅にて

皆さんこん○○は。本日は46年前の写真からアップします。1973/7 只見線滝谷こういう掲示は滝谷に限らず、SL末期にはその運行路線の駅にはどこにでもあったように思います。まぁ、蒸気屋にはバイブルであった「SLダイヤ情報」を持参していればわかることではありましたが。ただ、大事なこととして、「本日のSL情報」なんですよね。つまり、定期貨物は走るけど、臨時貨物はないよ、ということもわかるのです。もっとも、只見線で臨時...

  •  8
  •  0

梅雨明け

皆さんこん○○は。本日も只見線のアーカイブからです。1973/7 只見線会津川口→会津中川今でもほとんど同じ場所から撮影できますが、当時もここはお手軽なお立ち台でした。まさか、尻吹峠からの俯瞰撮影など考えもしなかったこのころ。会津川口の発車が予想外に煙を吐くので感激したのは間違いないです。撮影コマ数が非常に多いですので。今日、あらためてこの写真を眺めて、まず気づくのは腕木式信号機なのですが、当時私の心のファ...

  •  2
  •  0

いつかこの橋梁を渡って

皆さんこん○○は。本日は只見線のアーカイブからです。1973/7 只見線会津川口この橋梁。会津川口の駅のはずれ、本名方にあります。おそらく野尻川橋梁というのでしょうか。現在はご承知の通り、不通区間です。いつか再びこの橋梁を渡って列車が走る日が、やってくるのでしょう。...

  •  2
  •  0

夕闇の中へ

皆さんこん○○は。本日はアーカイブからアップいたします。1973/7 只見線西若松 貨1492レフィルムカメラの時代には、夕暮れ時刻はまずろくな写真は撮れないものと諦めの境地でした。それでも、当時から煩悩の塊でして、シャッターを切りまくればなんとかならないか、と。これは現在もあまり変わっていません。なんとか手振れだけはしないで(1/20なら手振れしないで切れる自信はありました)、夕闇の中の煙だけでも捉えられないか...

  •  6
  •  0

那須から会津へ(その3)

皆さんこん〇〇は。シリーズ最終回、かつ会津編の続きです。柳津の旅館で5時半ころに目覚めてしまいまして、只見川沿いをひとしきり散歩した後、ふと思い立って柳津駅にやってきました。ホームには花びらが散っています。柳津駅の乗降客は部活の高校生?1名でした・・・柳津駅の脇にはC11244が屋根付きで静態保存されています。スノープロー付きで保存されているのがいかにも只見線ですね。朝食後、福満虚空蔵円蔵寺にお参りして...

  •  4
  •  0