白煙の代償・その2

皆さんこんばんは。

昨日限りのユニット結成だった「くろくマイオ」、往路を上長瀞→親鼻の通常高みから霧に巻かれ、
その後なぜか追っかけせずに清雲寺で枝垂桜(なのかモデルの女性を追っかけしたのか?)を撮影
していました。さて、この二人、一体復路はどうしたのか?ちゃんと蒸気列車を撮影したのか?

そして北海道は釧路で脱線転覆した9690(クロクマル)号はまともに走行しているのか?

数々の謎をはらみながら、いよいよお話はその2、後編に突入いたしますぅ!!!

(「水どう」ですと、ここでミスターが色々と芸を披露してくれますね。ミスターはいないので、
その代わりは今このブログを見ている君がやってくれたまえ!)

DSCN4379dpp.jpg
前編ではここまでだったな。そうだ、この二人は浦山口からダムに登る途中にある、この場所にやってきた。
まだ左肩に違和感?どころか異物が入っている9690号はせめてこの場所で撮るしかないだろう!

IMG_0592dppps1.jpg
2013/3/30 秩父鉄道武州中川→浦山口

な・な・なに~ぃ!この場所は「岩場の上」ではないかっ。ここによじ登ってしまったのか?
マイオは9690号を止めなかったのか!!
「え~、だって言うこと聞かない人だもんね」
本当になにもなかったのか???


今回は特別サービスで静止画と動画を同時公開させていただきますぅ。

「そうですね、岩場から降りるまではなにもなかったんですよ」
その後かっ!その後、一体なにがあったんだ???
「マイオさんが行方不明になりました」
はああ???

9690号は先に岩場から降りて、
岩場の下に置いてあったマイオさんのクソ重いGitzo三脚を持ってすたこらさっさ。
(どっちの腕で持ったんだろう??)
マイオさんは2-3分の差で岩場から降りて、バックパックのみで斜面を急ぎました。

マイオさんはなぜかコースを間違えて、少し下向けに歩いたところが運のツキ!
斜面から滑って2m弱ほどお尻でスライド。着地した場所から再び元の場所を目指しますが、
うまくいかず、仕方なく斜め後方にスイッチバック。この間、空転やらいろいろあって、
心配した9690号からの携帯連絡などもありました。

なんとか無事に出発点に戻りましたが、すでに15分は余計に時間を食っていたのでした・・・。
この遅れが致命的となって、結局返しの追っかけもダメだったのでした・・・。
(モデルの追っかけはどうしたんだぁ!)

やっぱりおバカだったんですねぇ。
スポンサーサイト
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも8年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR