1974年8月、惣郷(カラー)

皆さんこんばんは。

昨晩のモノクロバージョンが意外な好評?を博した様子、そこで怒涛の寄り身で本日はカラーバージョンの
登場であります。(本当は本日用のネタは別に用意してあったんですよ~信じて!)

SaininAug1974186惣郷
1974/8/XX 山陰本線須佐→宇田郷

まずは下り貨物列車が絶気で宇田郷に向かいます。この列車は宇田郷で上り貨物列車と交換します。
そして本命・上り貨物列車がここに登場するわけですね。
なぜ私が対岸(宇田郷サイド)から撮る気が皆無だったか、これを見ていてわかりました。

SaininAug1974187惣郷

さてと、トンネルをくぐって登場です。
モノクロでは撮り鉄さんは3人でしたが、さらにその下にもう1人いますねー。

SaininAug1974188惣郷

これが本命カットというわけです。
しつこく2日連続で引っ張らせていただきました。

おっと、また忘れるところだった。
写真展のお知らせです。(現在開催中)
鉄楽者展2013
本日夕方に行ってきました。
きちんとお仕事をしている方以外は作者3人がいらっしゃいまして、
自作解説を承ってきました。やはり素晴らしい作品ですね。
注目は蔵重さんのインドネシア・スマトラ島のパームオイル輸送用のナロー。
昨夜、「たぬき」でジャワ島のサトウキビ輸送用ナローの話を聞いたばかりだったので、
特に引き込まれてしまいました・・・。
杉さんだけカラー、あとの方はモノクロです。

なお、この場所はわかりにくいです。画廊主のおじさんに聞いてようやくわかりましたが、
地図を頼りではなく、住所を頼りにしていく方がよさそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぎんちゃん

コメントいただきありがとうございます。

山陰はだいたいモノクロとカラー2台体制だったので、こういうリクエストにはお応えできます。
これで終身名誉隊員?(笑)

やっぱりいいわ

さっそくリクエストに応えて頂きありがとうございます。
現役写真のカラーは見応えがありますね
風景のよさもさることながら、罐や貨車の色がいいなぁ
当時の様子が鮮明に蘇ります、ご馳走様でした。

EXTRAさん

コメントいただきありがとうございます。

コラボ写真アップ、拝見いたしました。
かなりの長大編成の客レ、これは無煙であってもメインで撮りたいですね。

三愚舎、いらっしゃいましたか。かなり場所がわかりにくかったのでは。
それにしても皆さん力作を出展してますね。

高辻烏丸さん

コメントいただきありがとうございます。

確かに「SLダイヤ情報」に掲載されていましたね。どちらかというと、サイドから逆光に近い感じで
撮っていたような・・・。あれが出たので、サイドから撮る気がなくなったというのは間違いなくありそうです。
(へそ曲がりなもので・・・)

もう少し俯瞰かつ引き気味で撮れていたら・・・会心作になったかも、たらればはダメですね。

風太郎さん

コメントいただきありがとうございます。

なぜこの橋梁が撮りづらかった(今も、ですが)かを考えて見ますと、
橋梁自体が自己主張激しい。
ところが、コンクリート製で趣きに乏しいので、そこで写真は「死んでしまう」

とすれば、橋梁が目立たないように、引きまくる もしくは
シルエット仕立てにして橋梁の存在を「殺してしまう」くらいしかないのかな。

私は、この写真にはあまり満足できず、海岸線の湾入と鉄道を絡める画を求めたのですが・・・。
これはこれで難しくて・・・。

もんたけさん

コメントいただきありがとうございます。

ようこそ我がブログにお出でいただきました。

鉄橋の塗装を変えたんですね。もんたけさんのブログのお写真でわかりました。
そして対岸からの見え方も・・・。

相互リンクの件、こちらこそお願いします。

No title

こんばんは。

マイオさんが宇田郷間のコンクリート橋の紹介があったので
こちらも写真があったので紹介しました。
撮影は、橋梁下からの写真になります。
訪れているのは、70年ですのでこの4年前になります。
現在もこの橋梁が残っているのでまた訪れてみたいです。

プチギャラリー三愚舎、昨日訪れ皆さんの写真を拝見してきました。
北恵那鉄道などの写真を見ながらビールを頂きお話を聞いてきました。

(^o^)

No title

不思議なというか、珍しい構造の橋梁です。

現役時代に宇田郷コンクリート橋は、ダイヤ情報かなにかでよく紹介されていたと思いますが、
珍しい造りとロケーションがよかったからなのでしょうね。

色がつくと、なんとなく新鮮に見えてきます。

カラーの宇田郷

現役当時のカラーの宇田郷は珍しいのではないでしょうか。

撮るに難しい橋、というのはよく話題になっていますが、
無機質なコンクリート橋は周囲の風景から浮き上がっていて、
土木実験だったのでは、というのも納得できます。

でもとび色の貨車を連ねたSL列車は、カラーで撮ると昨日の事のような鮮やかさですね。

No title

マイオ様

こんにちわ、もんたけです。
カラーの惣郷橋梁、拝見いたしました。
いや~すばらしいです。 昔も今も石見は美しい風景が広がっていますね。
山陰本線復旧までは時間がかかりそうですが、開通したら真っ先に訪れたいと思います。

PS.よろしかったら相互リンクを張らしていただけないでしょうか。
  ご検討のほど、よろしくお願いいたします。
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR