汽車はどこだ?

皆さんこんばんは。

秋の只見線蒸気運行、その本運転に行ってまいりました。
今回は高辻烏丸さんとご一緒させていただきました。

まずは、初日の往路、飯谷山からの俯瞰ショットですが、
まさに「汽車はどこだ?」になってしまいました。

IMG_3847dppps2.jpg

2013/11/2 只見線会津坂本→会津柳津(2013/11/5写真を差替させていただきました)

左に只見川、真ん中辺に国道252号線、そして・・・。

IMG_3852dpp.jpg
これが汽車が来る一時間ほどの前の状態。
むむっとは思いましたが、なにしろ超楽観主義の私ですので、
この霧は晴れると信じて疑いませんでした。

さすがに坂本方面の見通しはイマイチでしたけど、柳津発車以降はさて、
どうだったでしょうね。この続きは次回です~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

高辻烏丸さん

コメントいただきありがとうございます。

長時間の運転、お疲れ様でした。
初っ端の飯谷山から引っ張りまわしまして、まことに恐縮であります。
しかし最後の藪こぎ(側溝の地雷つき)はけっこう私は引きましたが(笑)。

メガネ事件やら脚立事件やら、なんやかやとハプニングもありましたが、
まずは無事に終了しまして喜ばしい限り。
これに懲りずまたご一緒できれば幸いです。

くろくまさん

コメントいただきありがとうございます。

いやぁー、迷走の私ですが、ご心配いただいちゃって。
登山ルートから抜けることがわかっており、3つあるルートのうち、
雲海の星さんルートではなく、神社から登った黒猫ルートでもない、
とくれば残るのは一つだもんね。

ただ、実際に到達するまではかなり焦ってましたが・・・。

この写真、最初はどこに汽車がいるかわからず。横の方がシャッターを
切り始めたので、「あっ、ヘッドライトと煙」で、慌ててレリースしました。
予想よりもかなり右に現れたので、構図も咄嗟のものでした。

ひぐま3号さん

コメントいただきありがとうございます。

以前、雲海の星さんのブログでK杉山ルートは除外であることがわかり、
その後、試運転のときのひぐま3号さんのレス?で、なんとか公園の名前が
出たので、このルートに間違いなしと判断しましたよ。

そうはいっても、山登りの間はけっこうドキドキ。先客さん(私より2学年上で
現役時代もここで撮っている!)を見つけてまずは安堵しました。
お天気次第だけど次回はM山に行きたいなぁ。

No title

その節は大変お世話になりました。
特にこの飯谷山登山では、ヘロヘロになった私の三脚まで運搬して頂き、面目もない次第です(ペコリ)。

さて、初日の往路連続ドラマの幕開けですね。
やはりスタートはここからですか。

私の方はというと、何の脈絡もないアップとなってしまそうですが・・・

お見事っ

この場所に行けるかどうか、皆で心配しておりました。
なんせ、前回の黒猫は反対側から登頂し、見つけられず下山したのですから。
高辻さまとの協議のうえのことだったのでしょうが、とにかく安心。
(だって、その後メールもなけりゃ連絡が途絶えていたからね)

写真は、、、
左下の建物はカットでしょう。濃度も足りないような……。

No title

いくつかのルートがあるこのお山、よくぞ展望のあるコースを見出しましたね。
このコースの入り口が一番判り辛く、他のルートでは山頂からここまで下ってと言う塩梅ですからね

で、坂本方面は残念にも靄の中でしたか。柳津以降は抜けポイントが少ないのでご苦労されたことでしょうね。
晴れるとモロ逆光での撮影、どんな展開になるのか更新が楽しみですよ~

ところで・・・復活撮りでは一番登山らしい登山だったのでは?足腰は大丈夫ですか~
ここを征した以上、来年はM山(尾根道往復オプション付き)をトレースして下さいませ。
めちゃめちゃいい運動になりますよ~
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR