リベンジならず?

皆さんこんばんは。

先週末の只見線・磐越西線訪問の続きです。
初日往路のI山からの俯瞰はまだまだありますが、ここはひとまず話を先に進めましょう。

今度は初日の復路であります。
天気予報ではどうも初日が一番天気が良く、それ以降は下り坂とのこと。
今回のパートナー、高辻烏丸さんの唯一のリクエストが「F沼森林公園から撮りたい」と
いうものでしたので、それは初日がベストだろうと考えました。

F沼で多少余裕を持って待ち構えるなら、返しの一発目は車ですぐ移動できて、
かつなるべく川口寄りがよいかな。

とすれば、やはりここでしょう。


2013/11/2 只見線会津川口→会津中川

I谷山から下山して(頂上へは行かず)そのまま移動したのですが、
ここでもすでに先客の三脚が3本ほど・・・。その後もさらに5本ほど。
2年前の5月に、「沼沢湖畔荘」のご主人にわざわざご案内していただいた場所
でしたが、随分と人に知られるようになりましたね。
その、沼沢湖畔荘も今は閉鎖してしまいましたが・・・。

そして、私にはそのときのリベンジがあったのです。
それは、林道をダッシュして後追いを撮ろうとして、まさかのメモリーカード満杯。
唖然とする私をよそに汽車はきれいな白煙を棚引かせて去ったのでした。
こちらがそのときのダメな一枚。

さあ、今回はいかに!?
IMG_3898_1dppps1.jpg

スカじゃん・・・・。
なお、とても美しい山に免じて、電線がどうのって言わないでね。

かくして、今回もリベンジはならずでありました~。ちゃんちゃん。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

高辻烏丸さん

コメントいただきありがとうございます。

実は・・・2年前の5月の失敗写真と見比べていて、
かなり杉が伸びて、線路を隠しているんです。
2年前はもっと線路が見えていたのにね。
果たして来年はどうなっているのかな・・・。

popomanさん

コメントいただきありがとうございます。

宿のご主人は地元会津中川のご出身で、近所の子供たちを
引率して冬場にスノーシューでこの界隈を歩き回っていたそうです。
そのときの記念写真が宿に掲示されていて、背景に只見線の線路が
写っていたんです。当然「これ、どこですか?」ってなりまして・・・。

これは川口発車ですが、もう一つ、中川から川口方に来る下り列車用の
俯瞰場所もあります(SLだとスカですけど)。

ここは煙もいいですけど、発車の汽笛とブラストが素晴らしいですよ。

くろくまさん

コメントいただき、ならびにお褒めのお言葉、あざーっす。

水面に映るカマと煙の影・・・はい、そこがこの画のポイントであります。
それを目立たせるために色々といじりました。
これがおわかりいただけると、作者冥利に尽きますです。

これで後追いも決まっていればねぇ・・・。あっ、贅沢は敵かい?

楓ちゃん

コメントいただきありがとうございます。

そうそう、「SL銀河」、いよいよ来年4月ですね~。
まぁ、今は「なんじゃこりゃ~」な客車(気動車?)でも、慣れればおいしい
「くさやのひもの」ってね。(これ、「こまわりくん」のせりふだっけな?汗)

実は私、釜石行ったことがなくて・・・ただいま鋭意煙がありそうなところを
調べているような段階ですぅ。
楓ちゃんが高み派に?それはじぇじぇじぇだけど、いやいやいや、でしょうー。

EXTRAさん

コメントいただきありがとうございます。

この近くにいらっしゃったとは!想像もしませんでした。
鉄塔近くの林道はもう車がうじゃうじゃ。(といっても5台かな)
方向変換が出来ないので、雪隠詰めという状態でしたね。

林道からだと、かなりススキが邪魔になったのでは・・・。

風太郎さん

コメントいただきありがとうございます。

うーん、恐らく線路際ではさまざまなドラマがあったと思いますが、
私がいた標高300Mから400M、あるいは600M超の場では、
意外と和気藹々としてましたね。
私の感覚ではぎゅうぎゅう詰めではありましたけど。

この場所を知ったのは、本当に偶然みたいなもの。
探してはいたのですが、すぐ近くまで車で行けるとは想像していませんでした。

No title

大志集落の後追い、目障りなススキを倒した労苦は報われなかったですね。
マイオさんの宣言通り、電線なんぞなんのその、ダイナミックな画となっています。

ここでの大好きな後追いシーンは、私も今一消化不良でした。
また曇った日にリベンジです。

No title

会津川口発車良い画ですね
宿のご主人に案内された撮影場所なんて夢があって良いですねぇ
手前の紅葉が画面を引き締めています
チビスケずいぶん煙を吐いての発車なんですね
来年の運行には是非挑戦してみたい場所です

素晴らしい一枚ですね

峡に広がる煙、手前には秋のアクセント、そして高度感。
水面に映るカマと煙の影、スケールの大きな俯瞰画だと思います。
烏丸さんもお喜びだったのでは?

お疲れ様でございます m(_ _)m

川口俯瞰、思ったよりは水がないのが気にならずよいですね。
後追いの場所は晴れるとスカ率高いとこですから、別な時にリベンジなさるとよいのではと思われます。

ところで、くろくまさんからいただいた当ブログのコメントにも書きましたが
来年から我が地元を走る観光列車「SL銀河」の概要の一部が公開されました
http://www.jr-morioka.com/cgi-bin/pdf/press/pdf_1383714835_1.pdf
世界的な工業デザイナーさんが監修なさった割には、
「あまりにもベタな発想」の客車(気動車)のエクステリアとインテリアに驚愕しておりますが、
ある意味「銀河鉄道」と名付けられた時から想定できた事態でもあります・・・

ということで来年早々に地元では高みな人に変貌してしまいそうです。
その節は、ご指南のほどよろしくお願い申し上げます (苦笑)

まあ、動態保存的な現役時代主義をきっぱり捨て去りますと
これが21世紀を走るSL付き観光気動車の斬新な姿だとも思われ、
逆にファイトが湧いてくるのも感じてます (ははは・・・くそ)

会津川口駅俯瞰

おはようございます。
本運転初日の復路は、昨年マイオさんに教えて頂いた
この場所で撮影しました。
会津川口駅対岸で機回しの直前まで滞在後、この場所へ。
林道入口に駐車し、歩いてこの場所へ。 狭い林道でしたが
、この付近まで車だ数台既に入っていました。
多分、マイオさんの車もこの中にあったんですね。

高圧線鉄塔は付近は、既に三脚があり数メートル手前で
撮影しました。
天気も良く、まずまずの俯瞰写真が撮れました。
ありがとうございます。

(^o^)

大俯瞰

こんばんは。

高い所から撮られていますねえ。あの会津川口をこんなに高い所から・・・。
ポイント探しの努力もあまりしない風太郎には到底無理なパノラマです。

連休のC11、阿鼻叫喚の撮影現場だったのでは?
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR