汽車はどこだ?その3

皆さんこんばんは。

不定期連載の「極上の秋・只見磐越(以下省略)」と「汽車はどこだ?」の
クロスオーバー企画です(笑)。
しかしながら、以前にアップした「リベンジならず?」をご覧になれば一目瞭然ですよね。


2013/11/2 只見線会津川口

種明かしをしますと、私のサブカメラには普段は超広角レンズをセットした状態で
格納しています。そこで、レンズの選択をする前に、まずこのようにパチリと。

しかし、この場所、煙は保証されていますから、次回は超広角でいってみようかな・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

高辻烏丸さん

コメントいただきありがとうございます。

高辻さんの立ち位置だと、左岸の露出した川原と建機が樹木で
隠せた代わりに、奥の民家も見えなかったんですね。

私の立ち位置だとこういう感じ。やはり引けば良かったなぁ。

No title

ここからは、只見川の左岸に集落が見えたんですね。
いい感じです。
私の立ち位置からは木に隠れて見えませんでした。

EXTRAさん

コメントいただきありがとうございます。

昨年の秋にこの場所をお伝えしてましたっけ?
なにしろダートを走らないと到着しませんから、
わかりにくい場所かも知れませんね。

来年は曇りの日に来て、なんとか後追いをリベンジしたい
ものですが、果たして一年後でも杉の木越しに抜けるか、
どうなりますやら・・・。

秋の会津川口のひと時

おはようございます。

マイオさんの写真のおかげでこの場所を発見できました。
ありがとうございます。
始め鉄塔のすぐ近くで撮ろうと思ったのですが手前の木が
どうも邪魔で手前まで撮影できる入口付近へ移動しました。

この場所ももう少し高い位置から撮影できればよいのですが
これ以上高い場所は無し。
広角で撮ると周りの景色が良くわかりますね。

(^o^)
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR