シゴナナその1

C57は私には特別なカマです。

私の誕生日が1957/3/9、だから車のナンバーが5739、
だからC5739というのはただのシャレです。

理由はうまくいえませんが、かっこいいカマだと
思っている、というのがすべてでしょうね。

南九州には72/3, 72/7, 73/3, 73/12, 74/8と4回
行きました。

C57196です。南九州のカマはどれもよく磨かれて
いましたね。


C57113です。門石信号所から青井岳に向かって
トンネルから出たところです。


2008/11にはC57180に門デフが付きました。


黄色いアンダートラスというのも???ですね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Unknown

吉松機関区で出会ったカマも
本当によく手入れされていました。
模型であの鉄の質感をと、トナーを
拝借したりして柿右衛門の境地で
頑張りましたが、気に入ったものは
出来ませんでした

ウェザリングの鬼?神の領域

確かによく磨かれた鉄の質感と
硬質なパイピングの質感は再現不可能な
ものの一つかも知れません。

織部焼のように割れ目に金を
流し込むなんて技はだめですかねえ。
(外道かな)

トナー+αが妙手かも!
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR