夜行貨物の発車

皆さんこんばんは。

昨日は、友人の父かつ私の部活の大先輩のご葬儀に参列したため、
更新をサボりました。
どうしてもこの冬場、そして親世代の高齢化で訃報が多くなりますね・・・。

さて、本日はアーカイブから、荒れた画面かつカビやらゴミやらキズやらを
お化粧しての登場でございます。


1973/1/XX 中央西線木曽福島 D51125

左側でファインダーを覗きこむ「鉄」が写り込んでいます。
しんしんと冷え込む深夜の木曽福島ですが、彼の服装は
意外と軽装にみえます。

私もおそらく同様だったのでしょう。

木曽福島は一晩中貨物列車が発車・到着しており、徹夜でも
あまり苦にならなかったような記憶があります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

風太郎さん

コメントいただきありがとうございます。
そうでした。
この画は夜空に舞う煙を一か八か捉えにいったのでした。

結果はご覧の通りで、f1.4開放なんてやらないで、
バルブで多少絞っていった方がよい結果を得られたのではないかな、
と今日では思いますが、当時は「これでいけるはず」って
思ってたんでしょうね(笑)。

高校生のころってあまり寒さを感じなかったと思います。
まあ、それだけ夢中になってのめり込んでいたんですね。

逆光に浮かぶ煙

構内照明の逆光に浮かぶ煙はひときわドラマチックで美しいですね。

若い頃は勢いというか、夢中で気付かないというか、-30℃でも下半身ジーンズ一枚だったような。

我に返ってから寒さが身に沁みて、も思い出です。

高辻烏丸さん

コメントいただきありがとうございます。

このころって、まず夜行列車で0泊2日の撮影旅行に行くことから
始まって、夜行で往復して夜を明かす、駅で夜を明かす、などなど
どんどん発展していくんですねー。

だいたい二人か三人ですので徹夜といっても、代わりばんこに
仮眠できましたし。

ここ、木曽福島の場合は夜通し駅待合室が開放されてましたし、
貨物列車の発着はあるわで今考えると鉄ちゃんには天国でしたね。

あべくまさん

コメントいただきありがとうございます。

仰る通り、f1.4 開放、SS 1/10くらいで切れたんだと思います。
なぜバルブにしなかったか?
このころはまだバルブに挑戦はまったくしてませんでした。
バルブ挑戦は1973/12からだと思います。

それと構内照明がそこそこ明るいと思ったんでしょうね。
なんと、後追いも撮影してますので、手持ちだったのかも・・・。

No title

構内照明が結構あったみたいですね。

中央西線は深夜貨物が多くあったようですが、
私は残念ながら撮影する機会がありませんでした。

もっと夜間写真撮っていればよかったと、今更ながら思っています。

よるたの❗f(^_^;

夜間撮影は私も好きです。
私は酒田や坂町で徹夜しましたf(^_^;

この写真では、煙は流れていないのでバルブではないと思うのですが、撮影条件はどうだったのでしょうか?
駅構内はかなり明るかったんでしょうね。
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR