或る日の機関区

皆さんこんばんは。

先週末あたりから冷え込んできましたが、今週末も朝晩は冷え込むようです。
腰の辺に弱みを抱える方々(私も含めて)、せいぜい無理をせず、
出来ればいまはやりの体幹などを鍛えて、なんとか乗り切りましょうね。


1972/3/XX 日豊本線宮崎

宮崎機関区の夕方です。左端は延岡から旅客列車を牽引して到着したC5723。
その右には待機するC57109。テンダーをこちらに向けているのがC5766。
一番右端は妻線と構内入換用のC5692です。
C56のさらに右にはハンプと無蓋車(とセキ?)もみえますね。

こんなにぞろぞろ機関車がいると、嬉しくなってこういう写真を撮影してしまいました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

山岡山さん

コメントいただきありがとうございます。

諸先輩の写された写真をみると宮崎など
ごくごく序の口だったのだな、と思う一方で
現在では機関車が集う機関区と駅が付属した
ターミナルというのがなかなかないんですよね。

駅と操車場(これがなかなかないし)あるいは車両区って
分離されてしまってますね。地方の駅だと一緒なんですが。

こんばんは

今や高架の上になってしまった宮崎駅ですが、こんな時代があったんですね。
現役蒸気だけでも羨ましいのに、この雰囲気...昔の大きな駅って良いですね。
ローカルな感じがあって。

あべくまさん

リンクいただきありがとうございます。

宮崎もその気になれば夜景天国だったかもですね。
ただ、このときはまだバルブ恐怖症だったもので、
昼間の走行写真だけで精一杯だったかも知れません。

ちょっと真似てみました

私も宮崎駅ホームから、結構多くの写真を撮りましたので、ちょっとコラボさせていただきました。
お目汚しかもしれませんが、拙ブログをご笑覧いただければ幸いです(^^ゞ

あべくまさん

コメントいただきありがとうございます。

C5692はこの後吉松に転属して「太陽国体」のお召し列車を
91号機とともに牽引しましたね。妻線は私が宮崎機関区を
訪問した直前に無煙化されたようで、C56の仕業は宮崎区構内入換と
日南線の臨時仕業だけになっていたみたいです。
まさに風前の灯というやつだったんですね。

良いですねぇ

宮崎機関区は、駅のホームからも良く見えて好きでした。
しかし’72年春には、C56もいたんですね。
私が行った’73年12月には、もうC56はいませんでした。
こんな写真を見せられると、ついもっと早く行けば良かったなぁ・・・と思ってしまいますね。
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR