鉄橋に収まる長さの貨物列車

皆さんこんばんは。

春一番が吹き荒れました。ときどき風に向かって歩くのがつらい、
そういう瞬間もありました。

それとは別に本日わかったことが。今年は忙しくなりそうです。
趣味の撮影行は昨年よりもかなり減るかな。


1973/3/XX 肥薩線吉松→栗野 C56135牽引貨物列車

前年にいた宮崎のC56が1年後には淘汰されていたので、
この年は吉松のC56にも目を向けました。
この貨物列車はこの後、栗野から山野線に入線します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あべくまさん

コメントいただきありがとうございます。

栗野手前の肥薩線鉄橋で撮影して、停車時間を利用して
先回りできるぞって考えてたら、同じことが「SL撮影ガイド」に
出てきてまして、みんな考えることは同じだなぁと。

稲葉崎寄りの椰子の木を絡めて南国情緒を、なんてガイドに
書いてあったので、それだけは死んでもやるもんか、とばかりに
後で出てくる撮り方になりました。

C56は狙っていかないとなかなかいなかったんですよね。
おかげで、人があまり行かない路線に随分行きました。

山岡山さん

コメントいただきありがとうございます。

山野線、1988年に廃線・バス代行になってたんですね。
さすがに肥薩線(旧鹿児島本線ですからね)は残っているけど。
栗野の築堤の痕跡があるんですか・・・。

やはり一度は行かないと・・・。

行けませんでした

私が九州に行った時は、山野線は不定期貨物になっていました。
運転するかどうか判らないので、撮影スケジュールには組み込めませんでした。
私はC56とは縁が無くて、結局山陰の浜田機関区で見ただけでした。

この写真の貨物は、程よい長さで色々な車種が繋がっていて良いですね。
絶気なんでしょうけど、コンプレッサーの排気が長閑な感じで効いていますね。

こんばんは

ここも行ったことありますよ。
やはり今から10年少し前、吉都線とともに、ここも九州内のキハ58最後の牙城でした。
夕刻にキハ58(白地に紺のJR九州色)を撮影した記憶があります。
その時、栗野の少し川内側に、山野線跡の築堤がしっかり残っておりました。

風太郎さん

コメントいただきありがとうございます。

ゆるゆる写真をアップしてしまいました。
こういうの(当時の駄作)まだ多少はありますよ。

私は大型機がいきかう幹線よりも、こういう生活臭にあふれた
ローカル線のほうが大好きで、現在も復活蒸気に通ってますが
もう少し時間が出来れば、そちらの世界に浸ってしまいたいのです。

タイムスリップが叶うなら

こんばんは。

何かほっと気が緩むユルさですね。こういう短編成貨物列車。
終焉真近だったのでしょうが、スター列車のように大騒ぎされる事も無く、
最後まで黙々と与えられた地味な仕事をして、消えていったのでしょうね。

現役蒸気に縁はありませんでしたが、もしタイムスリップが叶うなら、
撮りたいのはこんな写真です。
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR