桜は見ていた

皆さんこんばんは。

昨日の展開を見れば、本日は「ばんえつ物語号」と思われるでしょう。
期待を裏切って(裏切り続けて?)、ちょっと違う場所から行きたいと
思います。

色々な方のブログで現在の会津鉄道の様子はなんとなく想像していました。
特に、Wonder+Graphicsさんの最近のご紹介から、湯野上駅の現在を
知り、機会あれば訪問したいと思っていた矢先、磐越西線訪問の翌日(帰路)に
その時間を得ました。


2014/4/28 会津鉄道湯野上温泉駅

一見すると歴史的駅舎をそのまま保存したのか、と思わせる茅葺屋根。
ではありますが、これは3セク会津鉄道となってからの建築のようです。
ちなみに、駅の中に囲炉裏!が切ってありますが、これも現役時代には
存在しませんでした。(旧国鉄の駅にはだるまストーブはありましたが、
囲炉裏なんて手のかかるもんがあるわけないですよね)

IMG_0581dpp.jpg
この郵便ポストは現役のようです。事実、私たちがふらふらしている間に
集配の方がみえました。

IMG_0590dpp1.jpg
会津鉄道の派手なDC単行が登場です。駅の両側に植えられた桜の木、これは現役時代の
桜と同じようです。こちらにも桜の木が登場しますが、これだけは私の記憶に残っていました。
なお、手前の側線は使われていないようでしたが、これも記憶に残っています。

IMG_0596dpp.jpg
派手なDCが出発してゆきます。
手前側の老桜の木を思い切り生かす構図にしました。
こうなるとDCは写っていればいいや、という存在です。


DSCN7224dpp.jpg
ここらで正統的な?写真も出しましょう。もちろん、撮影者はマイオクサンです。

DSCN7221dpp.jpg
私がどこかに写っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Wonder+Graphicsさん

コメントいただきありがとうございます。

しかしいつもながら、精緻な過去の再現ですね。
旧駅の水飲み場、どこにあったやら。
入口は足湯方向だったんですか。
湯野上タクシーが駅前にあったのはなんとなく
覚えているんですが・・・。

No title

マイオさん、行動が早いて゜すねえ。しかも観楼の時期に。
この郵便ポスト。旧駅当時にもありました。もしかして同じもの?
確実に同じ位置に在るのが水飲み場です。それ自体は更新されてますが、位置はかわってませんでした。
旧駅で云えば、駅長事務室の前、藤棚の下。
ですから、駅玄関位置は茅葺き駅舎もほぼ同じ位置。ただ、旧駅舎は今の足湯方向に建っていたことになりますね。

あべくまさん

コメントいただきありがとうございます。

そうなんです。これが現在の湯野上、というか「湯野上温泉」駅です。
これは、鄙びた会津線とはまったく別物です。観光名所の大内宿の
入口としての「会津鉄道湯野上温泉駅」なのです。

観光客も多かった(かつての国鉄会津線には観光客は皆無)ですし、
だいたい駅舎の脇に足湯も出来てました。
かつての会津線湯野上と同じだったのは、駅の周囲の桜だけ・・・。
そこで今回のタイトル「桜は見ていた」と相成ったのです。
これは山本周五郎の「葦は見ていた」をパクっております。

湯野上!

会津地方には良く行くのですが、私は磐越西線や只見線に行くことが多くて、会津鉄道にはあまり行っていません。
その数少ない会津鉄道訪問で、何度か行ったのが湯野上駅やその周辺です。
やはり茅葺き屋根はインパクトがありますね。
駅構内の桜は見事です。 残念ながら私は桜の時期に行ったことが無いので、この写真は将来の参考にさせていただきます(笑)
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR