北のキューロクです

皆さんこん○○は。

本日は久々に関東地方でも朝から雨です。
勝手におじさんブログでキューロク特集が始まりまして、
私も便乗して筑豊・唐津のキューロク画の棚卸しを
(棚晒しっていうんですか?)しておりました。

九州のキューロク画はなんだかんだで多いのですが、
北海道となるとぐっと減ります・・・。


1975/2/XX 名寄本線のどこか?

場所が不明のうえ、ネガはキズだらけ。
ようやく修復がそこそこできたものの、画ときたら線路際でのパチリ。
しかも白煙でカマが何を牽引しているのかもわからず。

キューロクブームに便乗してのアップでござります~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アンギュロンさん

コメントいただきありがとうございます。

線路脇の土手からという線、なかなか真実に近いのでは。
紋別なのか渚滑なのか、はたまたそれ以外なのか・・・。
お恥ずかしい限りですが、なんとか真実を見つけたいものであります。

No title

「おじさんたちのキューロク祭り」まだ続いてたんですねー(涙)。
潮の匂いがする町並み…たまらんなー。
くろくまさんが推理されているように、小生も紋別あたりだと思いますよ。
だとしたら、踏切脇の土手から撮られたということになりますね。
うん…間違いない! そういうことにしましょう(笑)

風太郎さん

コメントいただきありがとうございます。

名寄本線は山越えと海沿いが両方あった貴重な線区。
私はなんだかんだで3日くらい滞在していたようで、
一方で当時のノートを紛失したため、行動記録は
ネガの前後関係で推理するしかなくなってしまいました。

困ったもんです。

くろくまさん

コメントいただきありがとうございます。

しかも推理までして頂いて、恐縮至極。
ヒントとなるのは、意外と多い左の人家。
そしてわずかに垣間見える駅構内。

渚滑というのがけっこうありうるか、とも思うのですが、
なんとか自分で手がかりを見つけます~。

名寄の96

後ろが見えなくなったのは残念ですが、遠望する北の街の風情がいいです。
名寄本線のSLも随分遅くまで残っていたんですね。

大雪で

遠軽から入線され、朝まだき貨物を撮影されたのでしょうね。
跨線橋と引き込み線のある駅は少なく、中湧別、紋別、渚滑、興部くらいでしょうか?
画面下のキロポスト(4)から推察しようとしたのですが、分からないです。スマソ〜っ!!

EXTRAさん

コメントいただきありがとうございます。

私は最後の最後に北海道撮影に行ったもので、
倶知安も胆振線も終わってました。
二つ目キューロクは追分で構内入換用を撮影したのみです。

No title

9600シリーズが続きますね。
北海道の9600と言えば、二つ目の9600でした。
倶知安機関区、胆振線での写真が思い出に残ります。

(^0^)
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR