M君へ(特別編)

本日はいつもと趣向を変えまして・・・。

M君。君と初めて出会ったのは高校のときか。
正直いって、「風来坊を気取った貴公子」という君の乗りは
僕には受けてなかった。
というか、「いい加減に本性出せよ」というのが、僕の感じ方だった。

しかし、君はまさにそれが本性だったんだね。長いこと、わからなくてゴメン。

君の訃報を聞いたのは、3年前だったか。しかし、「悪い冗談だろう」としか思えなかった。
君の墓所を聞いたのが昨年11月。はっきり言って、墓参などしたくなかった。


2014/9/28

今日ついに行ったよ。これが君の墓所だそうだ。
供花と線香を手向け、手を合わせたときに君の声を聞いたような気がした。
「よぉ、きたかぁ」
スポンサーサイト
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも8年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR