FC2ブログ

現役蒸気と復活蒸気。模型と日々の出来事も。

日暮れて帰路につく

皆さんこんばんは。

ご存知の方が多いと思いますが、只見線は只見川沿いの渓谷路線地帯と、
会津盆地を大回りする田園地帯に分かれています。
どちらもそれぞれに味があるのですが・・・。


2012/10/28 根岸→会津高田

どうしたわけか、私はなかなか田園地帯で陽光に恵まれません。
さて今年はいかがでしょうか。
スポンサーサイト



Comment

マイオ  

山岡山さん

コメントいただきありがとうございます。

そうなんですねぇ。せっかく「旅愁」っぽさを演出するつもりが
このテールでけっこうずっこけさせていただきました。
まぁ、そのへんが復活蒸気ってことで・・・。

2014/10/10 (Fri) 22:05 | EDIT | REPLY |  

マイオ  

こあらまさん

コメントいただきありがとうございます。

いやいやいや、私もいつまでも未熟な撮り鉄でして、
このときも「あ~あ、こんな曇ってやってられんなぁ」と
ぶつぶつ言いながら撮影していましたのです。

2014/10/10 (Fri) 21:59 | EDIT | REPLY |  

マイオ  

EXTRAさん

コメントいただきありがとうございます。

このところ只見線特集を勝手に続けさせていただいてます。
このときは確か雑草刈りしていただいた場所でご一緒に
撮影したんでしたっけね。
またご一緒できるといいのですが・・・。

2014/10/10 (Fri) 21:57 | EDIT | REPLY |  

山岡山  

こんばんは

おぉ~。曇天だからか、モノクロっぽさがなんだか現役時代の蒸気を彷彿とさせますね。
そういう意味で客車のテールがなんだか残念で...あの大きな赤い円盤、付けだしたのはいつからなんですかねぇ。

2014/10/10 (Fri) 20:42 | EDIT | REPLY |  

こあらま  

憂鬱な空

マイオさん、こんにちは。
これは「旅のにおい」のする好きな画です。稲刈りが終り、冬を待つばかりになった雪国のアンニュイな空模様と、蒸気撮影の特権の白煙のたなびく後追い。秋晴れも良いですが、刈田にはこの天気はお似合いです。こういうのを、きっちり押さえておくことは、とても大切なことだと思います。
とは言っても、つい晴ればかりを望んでしまうのは、小生の精神的、技術的な未熟さでしょうか。雨の日の情景を狙って出撃する先達もおられるというのに・・・。

2014/10/10 (Fri) 13:03 | EDIT | REPLY |  

EXTRA  

No title

おはようございます。

懐かしい風景が広がっています。
今年は、天気に恵まれ紅葉の中を走る列車が
撮れるといいですね。

(^0^)

2014/10/10 (Fri) 07:52 | EDIT | REPLY |  

Add your comment