ちょっと遠かった

皆さんこんばんは。

現役蒸気時代は単焦点レンズが2種類のみ。
50mmと135mmで南九州油津から北海道稚内まで撮影してました。
もちろん、200mmがあったらなぁ、とか35mmがあったらなぁ、と
思ったことは一度ならず。

自分の足で画角を確保していたわけですが、今はどうか。
狭い空間を抜くような写真を好んで撮影しているため、
それともちろん体力も衰えております。


2014/9/14 磐越西線喜多方→山都

この場所なんか典型的ですね。
足は使えませんので、200mmに1.4倍のテレコンを付けてそれでも
このサイズ。(APS-C機ですけどね)
このシーンはもっともっと寄せて撮っておいて、直線区間に入ったところで
このサイズに出来ればもう最高ってのが私がこのとき痛感したことでした。

これでお分かりかしら?
その回答が50-500mmズームというわけなんですが・・・。
あれれ?只見線だとどこで使うのかしらねぇ~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

山岡山さん

コメントいただきありがとうございます。

うーん、直線を真上から俯瞰するのは好きなのですが、
被写体が門デフC57の場合はサイドから後追い気味に
撮りたいところであります。

台風はどんどん関東地方に接近中ですね。もっとも、
かなり中心気圧が上昇してますので、勢いはだんだん
落ちてきているはずなんですが・・・。

APS-C機で14mmは22-23mm、77mmは105mm-110mm換算
という感じですね。確かに一番よく使う画角かもしれませんね。

こんばんは。

台風の影響はいかがですか?
こちら(広島)は午後から雨風が強まり、今は風は残っているものの、雨は収まってきております。JRの在来線は午後から全面運休となりましたが、広電は遅延しながらも終日運転しておりました。
さて、豪快な俯瞰ですね。直線を真上から俯瞰する構図、私は一番好きかも知れません。

50mmと135mmで勝負されてたんですか。
いまだに単焦点派な私ですが、14mmから300mmまで短焦点で揃えてはいても、実際は14mmと77mm(カメラはAPS-C)でほとんど事足りてしまうんですよ実は。

岳人さん

コメントいただきありがとうございます。

最近は貴ブログを読み逃げしてばかりでスミマセン。
さて、お尋ねのEOS 6Dですが、EOS 7Dと併用しての
感想ということで。

やはりフルサイズの強みは特に画面周辺部の描写力にはっきりでますね。
私は6Dは標準画角から超広角、7Dは中望遠から望遠と完全に使い分けです。
6Dと5D3の違いは色々とありますが、コストパフォーマンスで選んだ6Dに
満足しており、買換えは考えておりません。

ちなみにAPS-C専用のはずのTamron 10-22mmが6Dとコンビで18mm画角で
大活躍してくれているのは期待していなかった収穫であります。
「晴れるとこうなる」http://myoldsteamers.blog.fc2.com/blog-entry-1363.html
「秋の雰囲気」http://myoldsteamers.blog.fc2.com/blog-entry-1358.html
「実りのとき」http://myoldsteamers.blog.fc2.com/blog-entry-1345.html
はいずれも6D+tamron 10-22mmでの撮影でした。

No title

 マイオさん 援軍の活躍が楽しみですね。
パソコンで画を拡大するとカメラとレンズの性能が分かってフルが欲しくなってしまいます。
後で6Dの結果報告をお願いします。
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも8年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR