旅愁のとき

皆さんこんばんは。

土曜日の最後の撮影場所はさすがというべきか、高辻烏丸さんが昨年の
只見遠征で目を付けておられたこの場所でした。


2014/11/8 只見線新鶴→根岸

意外だったのは、この場所はどうも皆さんに知られているようで、
この日の早朝、高辻さんが訪問した際には既に待っている方が
いらっしゃったし、私たちが待機している間にも3-4人同業者が
集まってきました。

10分前までは陽光が残っていましたが、毎度おなじみ、この界隈で
夕日ギラリにはなかなかお目にかかれません。

二人で境内に正座するかのような構えを取っていましたが、昨日アップの
1橋H山俯瞰での「二度登り」で過激にしごいた足腰が悲鳴をあげて
おりましたとさ。

と・こ・ろ・で。高辻さんはさすがの神社からの撮影の先達。この距離で
ばっちり鳥居脇の空間に去り行く汽車が収まったのでした!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

山岡山さん

コメントいただきありがとうございます。

スミマセン、私の方こそ読み逃げばかりで・・・。
この神社は私ではなく、ご一緒した神社大好きの方の
ロケハンの成果なんです。私はまだまだ・・・。

高辻烏丸さん

コメントいただきありがとうございます。

えへへ、石灯籠を二つ、ダブルで欲張ってみました。
心配だったのは、鳥居の右横の空間にうまく汽車の編成が
収まるかだったのですが、さすがはロケハンの成果ですねぇ。

こんばんは

少しご無沙汰しておりました。
鳥居って、絵になりますよね。私的にはローカル線の必須アイテムではないかと。
どこの沿線に行っても、列車と撮影できないかと探してしまいます。

No title

なるほど灯篭を2つとも入れましたか。
ここはいろいろな狙い方ができるため、また来たい場所です。
来年以降も走っていればの話ですが・・・

あべくまさん

コメントいただきありがとうございます。

ご参考までに、この写真はフルサイズ+18mmで撮影してます。
さすがに石灯籠を両方とも入れるには、超広角でないと難しいですね。

ちなみに、参道のセンターから鳥居だけを標準レンズで狙っても、
鳥居左の空間に汽車の編成を収められます。

楓ちゃん

コメントいただきありがとうございます。

宮下温泉栄光館はいいですね。なんか帳場の裏にも
特別室があるみたい・・・。
なんとか次回は楓ちゃんご一行、そして荒川好夫さんにも
お目にかかりたいものです!

EXTRAさん

コメントいただきありがとうございます。

三岐鉄道をご訪問だったようで。実は私は小学校2・3年のころ、四日市に
住んでいました。内部線なんか懐かしいのです。

只見線は1橋下は水位が増えてましたが、川口周辺は相変わらずでした。
果たして、全線復旧もいつのことやら。そして汽車運行もいつまで続くやら・・・。

ここに行きました

ここは有名な場所なんですか?
9日の朝は根岸辺りをウロウロしていましたが、何となく覗きに行ったら良さげなので、ここで撮ることにしました。
ただ、既に何人もの人がカメラをセットしていたので、どうしようか悩みましたが・・f(^_^;
今度マイオさんのアングルを真似て、気動車でも撮ってみようと思います。

只見線行お疲れさまでした。

本運転もまずまずの天候で何よりでした。
やはりこの時期の運行の方が良いですね !
また来年も楽しみにしたいと思います。

No title

おはようございます。

紅葉の只見線、しっかり歩き楽しまれたようですね。
今回は、別件で四日市方面に遠征していて只見線の
紅葉を見ることができませんでした。

紅葉の中を走るSLやはりいいですね。
只見川の水量も昨年より、増えたようですね。
全線開通するのは、いつになるのやら?

(^0^)
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR