会津若松のクラ

皆さんこんばんは。

復活蒸気の只見線が続きましたが、ここらで現役最後の時代に
戻ってみます。


1974/10/XX 会津若松機関区にて

この月の末に会津線、只見線が無煙化されました。
最終期の会津若松には、全国津々浦々から集められた
全検期限が残っているカマが集合してました。
このC11254は1973/3に熊本で撮影したカマでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あべくまさん

コメントいただきありがとうございます。

あらら・・・。会津若松のクラは立入禁止でしたか。
倒壊危険ありでは、結局いつかは無くなるってことかぁ。
それでは建っているうちに外から窺うかってことですね。

No title

現役時代の庫の中は良い感じに撮れていますね。
この門デフ機は、田島駅かどこかで見掛けた様な気がしますが、定かではありません(笑)

会津若松の扇形庫は今も健在ですが、2011年の震災以降建物倒壊の危険性を理由に、一般人の構内立ち入りは禁止されています。
建物の倒壊の危険性が有るのなら、職員の方々の方が危ないと思うのですが・・・。 一般人は元々庫の中への立ち入りは禁止されていましたからねぇ(^^ゞ

と言うことで、震災以降はばんものや只見線C11を撮りには出掛けていますが、機関区には一度も行っていません。

こあらまさん

コメントいただきありがとうございます。

いやはや、ご堪能いただければ幸いです。
結局、本当に晴れたのは土曜日の往路だけ。
あとは全部曇りか小雨という、これはこれで会津只見地方
らしい天候でした。

一期一会ということで、それぞれの天気と風景を楽しませて
いただきました。ところで、このクラは現存しているようです。
一度は訪問してみたいものです。

山岡山さん

コメントいただきありがとうございます。

この会津若松のクラは現存しているみたいですね。
まだ復活蒸気では一度も訪問していないので、
来年こそは、と思っています。

EXTRAさん

コメントいただきありがとうございます。

正直いって「なんで門デフが会津若松に?」というのが
このときの最初の感想でしたが、よく考えればなんでもあり状態。
門デフ79602は追分機関区まで転属しましたし。

只見線拝見しました

マイオさん、こんばんは。
只見線はじっくり拝見させて頂きました。善戦されましたね。晴れも曇りも良い感じです。
現場にいられなかったのが残念至極です。只見線は現役に近い環境で素晴らしいですね。
と思いきや、やっぱりモノクロの現役は全然違う。これば全く別のジャンルですね。
山岡山さんがおっしゃっているように、小生も石炭の煙を嗅いだような。
機関庫のレトロな窓ガラスがまたいいですな~。

こんばんは

蒸気が現役の頃の会津若松ですか。
やはり、現役時代の蒸気はひと味違いますね。
煙の匂いが漂ってきそうです。

No title

おはようございます。

>最終期の会津若松には、全国津々浦々から集められた
 全検期限が残っているカマが集合してました。

九州からやってきた門鉄デフC11、熊本からはるばる
やってきていたんですね。 懐かしい釜です。

(^0^)
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR