汽車も初詣

皆さんこんばんは。

さっそく行ってきました、秩父鉄道。
で、2015年の初撮りは、な・なんと、こういう路線です。


2015/1/3 秩父鉄道和銅黒谷→大野原 C58363牽引
EOS6D+ Tamron10-24mm(実質の広角端は18mm)

手前に位置する手水の器。中の水は凍結しており、
その氷の破片が誰が捨てたか、参道脇に散らばる。
線路脇の愛宕神社に汽車も初詣。

本日はひぐま3号さんのお世話になりましたぁ。


久々に駅間を歩く、という基本に戻ってみた。
といっても、和銅黒谷から大野原は直線距離で
3.7km。本日は寄り道しているので、ここでは5-6km
というところかな。

寄り道というのは、この写真とは別のもう一つの神社。(諏訪神社という)
ここでも撮れなくはないのだが、撮影後に汽車通過から10分後の電車を
キャッチするのがしんどい。それと、真逆光かつやや離れた後追い構図に
なるため、本日のピーカン光線では幽霊汽車状態になってしまう。

俯瞰は俯瞰で楽しみがあるが、沿線の雰囲気ある建物などを絡めて画にするのは、
乏しい自分の写真センスを総動員する面白みがある。今年は、線路脇と
俯瞰を気分や天気に合わせて、組み合わせていこうかな・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

山岡山さん

コメントいただきありがとうございます。

最初に訪問した諏訪神社は同業者ゼロだったのですが、光線と構図が
気に入らず、次に乗るべき電車にも間に合わずなので諦め。

ここでは、私の後から同業者2名。画面にかからぬように丁重にお願いして
このように撮影。

この後に移動したもう一つの神社ではすでに先客3名。私の後にさらに2名と
狭い場所に計6名・・・。さすがお正月だけあって、皆さん似たような狙いなんですね。

こんばんは

お正月らしい雰囲気ですね~。
私も今年は一畑電鉄大社線の赤い鳥居の場所(定番の)で、正月に撮影しました。
風が強く、かなり寒い中でしたが...。

憂行写人さん

コメントいただきありがとうございます。

厳密に言うと、7日過ぎるまで初詣は遠慮すべき身の上
(家内の母が昨年逝去)なのですが、そこはテキトーに
やっておりまして・・・。

はいっ、昨年の只見線で高辻さんのご希望で神社仏閣絡めを
経験して嵌ってきました(笑)

謹賀新年

新年早々驚きの画ですが・・・同好会の会員が増えたようなうれしい驚きです。

大切な一瞬をさん

コメントいただきありがとうございます。

はい、構図は迷いに迷って、色々と入れてみた・・・というより、
手前に目立つ手水鉢を置くことで、鳥居の後方にあるゴチャゴチャを
存在を薄くできれば、という狙いもあったりして。

神社本堂を入れ込む構図も考えたのですが、真正面からではカマも
真正面でベタ順光の「お正月写真」。それもそれで悪くはないですが、
ちょっとひねってみました。

No title

これは渋いですね。
鳥居の連なりをとSLで充分なところ
手水までばっちり。
そして青空に白煙。惚れ惚れします。

ひぐま3号さん

コメント早っ・・・もとい、ありがとうございます。

真正面からベタ順光で構えている同業者が2名。
あまりに平凡で画にならないので、左奥から陽光を受ける
一番好きな光線状態に切り替えました。
(ご指摘の通り、この影の出来具合が好きなんです)

で、業連の件。
大変恐縮であります。当然ながら受取人負担で、お願いします~。
(そのままかぶっててもらってもいいけど・・・いやだよね?)

No title

本日はお疲れ様でした~
流石、長老、手堅くこの地を征されましたね。
鳥居の影と枕木流用の柵に実際の赤い鳥居の直線がいい感じに纏まっていますね!

で、以下業連
  お預かりの品、〒で対応させて頂く予定です
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも8年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR