吹き上がる煙

皆さんこんばんは。

一昨日アップの「北の飛雪」を撮影した場所はトンネルから出たすぐの地点。
これは、もう少し雪がやまないかなぁ、と期待して生田原方面にもう少し進んだ地点。
高辻さんの撮影場所に近いはずですが、カーブの形は似ていますが、谷側の
電柱や樹木の感じが違っていますね。


1975/2/XX 石北本線生田原→常紋信号所

天候のわずかでも回復を期待して進んだものの、実際には
さらに悪化したような気がする。これも果たして撮れているのか?
そんな疑問が心を掠めたのも一瞬。

素晴らしい煙を噴き上げてD51が必死に登ってきた。
すでに後補機はキューロクではなく、なにやら赤いDDらしいが、
それもこの雪模様ではなんだか良くわからない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

山岡山さん

コメントいただきありがとうございます。

常紋信号所の周辺はまさに、うねうねとカーブが連続する
原生林の真っ只中。後補機がDLになっていようと煙を
噴き上げる姿には変わりなく、友人たちの写真からどんな場所で
どんな写真になるのか想像はついていましたが、それでも
「うわぁ、やはりすごい場所だなぁ」とつくづく思いました。

常紋トンネルはコワい言い伝えが色々とありますので、ひとりで
くぐるのはちょっと・・・。お友達はかなりの猛者ですね。

高辻烏丸さん

コメントいただきありがとうございます。

ええ、そうなんです。最初は私も同じ場所で、
保線小屋が隠れているんだろう、と思ったんですが。
どうも違う場所ですね。

それにしても、この周辺はWカーブの連続だったんですね。

こんばんは

縦にまっすぐ立ち昇る煙がイイですね。
常紋の現役蒸気の写真は、諸先輩方のどれもが‘画面いっぱいの煙’という印象です。
雪の中、勾配を上る蒸気はやはり絵になりますね~。

ちなみに常紋トンネル、何度も通っていた私の友達は、冬に1人で歩いたと言っておりました。
昔からいろんな噂がある常紋トンネルですから、私はオホーツクに乗車してた時ですら、なんだかいや~な感じでした(恐れなもので...。)。

EXTRAさん

コメントいただきありがとうございます。

そうですね、この頃は蒸気の全廃のみが関心事でしたが、
まさか貨物列車そのものが「本線」という名の路線から
消滅するなど考えも及びませんでした。

DD51は淘汰されてDF200に置き換わるのか・・・。
DLってけっこう寿命が短いんですね。

なるほど

線路の線形や地形は似ていますが、谷側の電柱がないし別の場所のようにも見えます。
この付近はどこから狙っても画になったんですね。

No title

おはようございます。
北海道でも石北本線定紋峠越え良かったですね。
定紋信号所で下車し、撮影したのが懐かしいです。
現在は、臨時で細々とDD51の貨物列車が残っている
ようですが風前のともしび。
DD51も老朽化し、先行き不明。
この先この区間の輸送がなくなるのか??

(^0^)
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR