雪の赤城を後にして

皆さんこんばんは。

だいぶしつこく続けた先週土曜日の上越線シリーズ、
そろそろ一旦終わりにいたしましょう。


2015/1/10 上越線後閑→沼田
EOS7D + Sigma DG 50-500mm f4.5-6.3 APO HSM

ねこさんと別れて、バスに乗り、あちらこちらをロケハンし、なかなか写欲が
盛り上がらぬまま、後閑駅の周辺を歩き回る。沼田方には多くの同業者が
線路際に群れており、どんどんテンションが落ちていく。

ふと気付いたのは、往路撮影時には雲がかかっていた赤城山の見晴らしが
利くようになっていたこと。「どうせなら赤城バックで行こう!」
ならば誰もいない上牧方から後追い狙いとなる。

跨線橋のちょうど陰にC61が隠れたため、発車前後の昇圧・黒煙の場面は
捨てたが、その黒煙が晴れて赤城頂上が現れ、ぎりぎりで白煙が残る汽車を
捉えられた。

この画ではテールランプが強調できずやはりある種の悔いが残った。
それが結果として「汽車去り行く」に結びついた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

山岡山さん

コメントいただきありがとうございます。

やはりどうせ後追いならば、夕闇迫る中に
滲むテールランプのアップ、そして白煙が夕日に
浮き上がる様子を撮りたいのです。

この写真撮影後に改めて「ちょっと違うんだよな~」と
思いつつ、一旦は家路に着いたのでしたが、そのままでは
終わらなかったのでした。

EXTRAさん

コメントいただきありがとうございます。

線路の山側は一度撮影したことがありますが、まぁ、
在りし日の日豊本線高鍋発車という感じですね。
それが懐かしいという方にはお勧めかも。

踏切付近にもぞろぞろと先客が詰めておられました。
こうなると、へそ曲がりとしては人と同じ画は撮りたくない
もので・・・。

お疲れ様です

なるほど。そういう経緯があったのですね。
でも、夕焼けと汽車を後追いで、しかもテールランプ付きは羨ましいですね~。

No title

こんにちは。

後関駅出発、沼田寄りの踏切手前の線路西側は、いつも
人がいます。 あとは、踏切近く。  踏切を超えて、先まで
歩きましたが あまり良い場所は、見つかりませんでした。

(^0^)
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも8年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR