キューロクに会う

皆さんこんばんは。

せっかく真岡に出かけた以上は、やはりこいつを一目拝んでおかないと・・・。


真岡鉄道真岡にて 49671

撮影の合間を縫っての真岡立ち寄りであったため、エアー運転の時間には
合わず、クラで展示中の姿を間近で見ることとなった。
磨き上げられた姿は、復活蒸気共通のもの。圧縮空気による運転であるため、
本当のカマの姿とはいえないが、しかし自走するマシンであり、オイルの
臭いが漂う雰囲気は、真岡鉄道さんありがとう!といいたいものだ。

カマの顔の写真を出せ!といわれそうだが、それは他のブログなり、真岡鉄道の
HP
をご覧いただきたい。

私にとってのキューロクは、1250mm4軸動輪の力感に溢れたこのアップなのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

EXTRAさん

コメントいただきありがとうございます。

エアー蒸気には色々と思うところもありますが、
やはり、こういうのも保存の形の一つ。
良いところを見ていこう、という考えになりました。

一時期の雨ざらし・さびだらけ保存とは一線を画している、
というところですね。

No title

おはようございます。
綺麗に磨かれて、良い状態ですね。
まだ、この場所にはいっていません。
静岡からD51がやってくるとのこと。
仲間が増えて、いい状態で今後も保存されていくと
良いですね。

(^0^)
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR