内蒙古の落日

皆さんこん○○は。

3月になりました。卒業シーズンというわけですね。
そういえば、井門さんのお誘いに乗って中国・内蒙古に
遠征したのはもう3年前になったのか・・・。


2012/3/2 中国・内蒙古 平庄炭鉱鉄道 上游型蒸気機関車牽引

この方のブログに、ごく最近の中国・東北部の蒸気が登場する。
中国は日本の昭和47年から51年を一気に進めたような状態。
つまり国鉄はあっという間に無煙化され、地方私鉄(炭鉱など)に
一部蒸気が残っている。

ただ、探せば現役丸出しの煤けた蒸気天国の地方私鉄があることはある。
私は中国蒸気の先駆者の一人である井門さんのお世話になったが、
popomanさんは単独で行かれたようで、畏敬の念を覚える。

掲出画は、3年前の既出の前後コマだ。今回掲出に当たり、3年前とは違う
レタッチソフトを使用し、一部トリミングを加えた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

popomanさん

コメントいただきありがとうございます。

そうですね。建設型を撮影するならハミまで行かないと・・・。
しかし半端なく遠いですし、天山山脈?がよく見える冬場が
お勧めと聞いたことがあります。

元宝山の建設型はなにぶん平坦線でしたので、本気走りからは
程遠く、建設型の走行を撮りました、というに留まりました。

No title

ご紹介にあずかり恐縮です。
マイオさんの海外編、羨望の眼差しで全部拝見しました。
平庄炭鉱専用線の上遊、元宝山の建設、どれも大変興味深く見させて頂きました。
特に元宝山の建設型の引く混合列車と客車列車、まだ見たことのない活きた建設型には
目が釘付けになりました。また上遊にデフ付きがあったとは!驚きです。
またIMONさんに上遊型があったことをここ数日で知りまして、購入を考えていたところ
社長さんとご学友だったとは、IMONさんには横浜店が比較的近いので時々お邪魔しています。
22型客車もあるんですよねぇ。私は建設型の動く姿を見たくて、これはもうハミしかないのかなぁと思案中です。
兵調山の陳列館に置いてあった建設型のテンダーの大きさにただただびっくりしました。
これはもう動いているのを見なくては収まりませんね。しかし、ハミはなにしろ遠いです。
行けるかなぁ?
果たしてIMONさんの22型&上遊&ミカイに手が届くかです。
因みにバックマンさんの上遊はIMONさんで手に入れて、只今ウェザリング加工に出しています。
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも8年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR