夕闇迫る炭鉱線

皆さんこんばんは。

昨夜はまたまた呑んだくれまして更新をサボりました。


2012/3/2 中国・内蒙古 平庄炭鉱専用線

もう一枚、3年前の内蒙古からアップする。
ほとんど陽が沈み、もはや黄昏どきというべきか。
国鉄との接続駅から、溜まった空車を炭鉱に戻すスジの
列車がサミットめがけて登ってくる。

かなり長い編成だ。こういう光景を夕張近辺や筑豊で幾度か見た。
牽引する上游型はC56に似たテンダーと8700のようなボディーの
カマだ。一日中、こういうカマを見ていると、段々と見慣れてくるから
不思議なものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

popomanさん

コメントいただきありがとうございます。

長い間忘れていた現役蒸気機関車の風情、そして呼吸みたいなもの。
私にとっては40年の時間を遡る旅でした。
これは、色んな意味でやめられませんねぇ。

EXTRAさん

コメントいただきありがとうございます。

やはり現役蒸気の感じは一緒ですね。
炭鉱専用線で煤けて、石炭満載の貨車を本線連絡駅に
運び、空車をヤマに戻す・・・。

ただ、だんだんと蒸気機関車がディーゼル機関車に置き換えられて・・・。

No title

黄昏時をテンダートップで走って来る上遊、上遊のバック運転は好きですね。
確かに一日中上遊を追っていると見慣れてくるもんなんですねぇ。
白煙に微かに西日が当たり良いムードですね。
煤けて油まみれの蒸気、現役の蒸気に彼の地に行けばまた会える。
本当に最後の最後の楽園かもしれませんね。

No title

こんばんは。

海外で走るSLを見られるなんて、良いですね。
夢のまた夢のお話、こちらで拝見し行った気になります。

>こういう光景を夕張近辺や筑豊で幾度か見た。
 こちらのお話には、ついて行けるかな。

(^о^)

プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR