肥薩川線

皆さんこん○○は。

この方のブログを拝見して、肥薩川線のことを思い出しました。
肥薩線は八代・人吉・吉松そして隼人までですが、八代・人吉を
「川線」、人吉・吉松を「山線」、吉松・隼人は特にそういう呼称はなく
単に肥薩線。

この三区間は運用されるカマも違っていました。


1973/3/XX 一勝地→那良口

一勝地は交換駅。そこそこ停車時間もあり、大坂間(現在は球泉洞)方で
撮影後に、交換待ちで停車中の汽車を追い越して、那良口方で撮影
できた。

落石防止柵の向こうから、カーブを曲ってくるC579号機。
白煙がきれいだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

山岡山さん

コメントいただきありがとうございます。

おかげさまで、肥薩川線のことを思い出しましたよ。
そして、このハチロクのことも、ね。

郷愁紀行さん

コメントいただきありがとうございます。

はい、この年の3月が川線最後の撮影機会でしたね。
私も最初で最後でした。確かこのときの撮影行で
田澤義郎さんとお隣で撮影したんでした。

C579は川線無煙化後は宮崎に転属したような・・・。
なぜか汽笛の音が妙に甲高いカマでした。

お疲れ様です

私も今回の肥薩線訪問で、一勝地の長時間停車を利用しました。(笑)

八代から川下りしました

昭和48年3月は生まれて初めてのSL遠征旅行でした。
京町の国民宿舎に泊まり無煙化された矢岳越えして人吉に、
雑誌紹介で熊本に出るついでに訪れましたが貨物量も少なく
撮影効率が悪かったですね。ですから一回きりでした。
でもこの年の春に無煙化されたようですね?
C579 初期番号は一味違った美しさがありますね。
当時は出会った罐は何でも嬉しくて 特定の罐の追っかけはしませんでした。
今考えると知識もなかったのでちょっと惜しいことをしました。(笑)
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR