立野にて

皆さんこんばんは。

復活蒸気の写真は依然としてネタ切れです。
そこで、またまた現役時代のでお茶濁しです。


1973/3/XX 高森線立野 C12208

立野駅ってこういう配置だったんですね。
右が豊肥本線(スイッチバック)、そして画面奥に向かって高森線が
伸びています。高森から立野に到着して、しばらくしてカマは切り離され、
後ろ向きで高森行きとなります。

ホームのリアカーが懐かしい・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

山岡山さん

コメントいただきありがとうございます。

当時は貨物もありましたし、スイッチバック駅かつ分岐駅でした
からね。側線が多いのもむべなるかな、ですね。
今もそんなに変わってないというのは、嬉しいニュースです。
もっとも、使われていない側線は哀れをそそりますが・・・。

こんばんは

高森線のホーム、現在の南阿蘇鉄道になってもほぼ同じですね。ただ、ホームに屋根が付いたりはしていますが...。
立野駅には、今でも多くの側線がありますが、そのほとんどは使われていないようです。
この頃はまだそれらも現役のようで、やはり活気が感じられますね。

郷愁紀行さん

コメントいただきありがとうございます。

私の場合は「結局行かなかった高森」なんですよ~。
最初は豊肥本線スイッチバック狙いだったので、立野で高森線を
ついでに撮影したのですが、豊肥が無煙化された後も、奥まで
入るのが面倒だったのか、結局立野周辺にへばりついてました。

結局撮らなかった立野

終点の高森は撮りましたが立野の駅は一枚も撮ってませんでした。
あの有名な谷にかかる鉄橋は撮りましたが駅構内は撮っていません。
高森は何枚も撮っているのですが、終点で折り返し時間があったからでしょうか。
立野まで何に乗っていったのかまるで思い出せません歳ですねぇ(笑)
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR