古江線の光芒

皆さんこんばんは。

古江線、といってお分かりの方はかなりの通。
大隅線でもいいですが。


1972/7/XX 古江線菱田→志布志

この年の9月に国分まで全通し、古江線は大隅線と改称。
国鉄斜陽時代の最後の光芒か。
結局、この15年後に全線廃線となる。

その皮肉な最後など見当もつかなかった夏の日。
川面に影を落として貨物列車が行く。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

山岡山さん

コメントいただきありがとうございます。

もともと鹿児島は火山灰が堆積した場所が多く、
豪雨や長雨に弱いと思います。
大事にならねばよいのですが。

おはようございます

古江線という呼称での写真は初めて見ました。

単行のキハ20か連なったキハ55の写真はよく見ますが...全て大隅線ですね。

なんだか鹿児島は大変なことになっているようで...垂水で土石流が発生したとか。
降り続く雨が心配です。

こあらまさん

コメントいただきありがとうございます。

当時の私は、蒸気ファンでもありましたが、ローカル盲腸線ファン
でもありまして・・・。といっても、志布志から一駅入っただけですから、
えらそうなことは言えませんね。

この日は、志布志線と古江線を一日堪能していたようです。

さすがに遠かった古江線

古江線とは随分と鄙びたところまで行かれていますね。
当時、日南線は人気でしたが、志布志線と古江線はあまり話題に上がらなかったと記憶しています。
小生は、志布志に行ったのは、現役時代は一回きりです。さすがに、古江線までは行きませんでした。
日豊線辺りでうろうろしていた方が、収穫が多かったはずです。
わざわざ、古江線に日程をさかれたマイオさんに感心しております。
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも8年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR