お知らせ

この場をお借りしまして、お知らせが一つあります。

ブログを通じて色々とお世話になっている山岡山さん
「ローカル鉄道散歩」の管理人さん)
の一畑電鉄の作品がRail Magazine誌8月号RM Gallery
に一挙12ページ掲載されています。

ネコ・パブリッシングの回し者ではないので、「買って」
とは申しませんが(笑)、山岡山さんがお住まいのある広島から
出雲方面へ何度も遠征されての傑作揃いです。

是非ともご一覧ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

山岡山さん

連連コメ、ありがとうございます。

なるほど、山下さんとは御馴染みの間柄でしたか。
そういえば彼氏は新見出身だったかしら。

それにしても、RMの常連でいらっしゃったとは・・・。
お見それしましたっ。

追伸

RM GALLERY、実は今回が4回目なのですが、一番最初の回、『急行街道の残影~キハ58急行列車の終焉』の時の担当が山下さんだったんですよ。

その時、何度かメールでやりとりした際に、芸備線の沿線で生まれ育った話をされておられました。新見だったと記憶しております。

そうそう、KATOから伯備線の石灰貨物列車セットがNゲージ化された際の‘3重連’の宣伝用写真が山下さん撮影でした。

山岡山さん

連コメいただきありがとうございます。

やはり作者の解説が一番いいですね~。(当たり前か)
山下さんは確か津山か木次線沿線だったかのご出身。
そういう意味では「ばたでん」準地元ではありますね。

ただ、どちらかというと、彼氏の得意分野はドイツ蒸気なので
やはりローカル線一筋の名取さんかな・・・と思いました。

一畑電鉄も40年以上ご無沙汰です。もはや記憶も消滅。
山口線詣でのときに山陰と合わせて一度は行きたい場所です。

こんばんは

見開きの写真は、よく見ると出雲空港の飛行機が小さく写り込んでいるというおまけ付きなんですよ。
実はそのことに本人は気付かず、あの写真を見た息子が気付いたという...。

鳥居のポイントは、高浜~遥堪が有名過ぎるため、こちらの方は意外に知られていないかと思いますが、実は撮り合わせるにはうってつけの場所なんですよ。

構成に関しては、8割くらいは私が作成した案どおりでした(鳥居の写真は実は予備として送っていたカットの中の1枚です)。
最終決定はやはり編集長の山下さんなんですかね。詳細はわかりませんが...。

山岡山さん

コメントいただきありがとうございます。
個人的には俯瞰の大写しも好きですが、
小画面に構成された鳥居も捨てがたいですね。

あの構成は編集部任せなんですか?
やはり名取さんの好みが反映してるのかしら・・・。

おはようございます

>マイオ さま

ご紹介いただき、ありがとうございます。
今回のグラフは、銀塩からデジタルに変えて初めての掲載になり、
望遠系での細かいピンや現像時の発色など、少々不安ではあったのですが、違和感なく構成されてて安心しているところです。

皆様、書店へ行く機会等ありましたら、ぜひご覧くださいませ。

また、一畑電車、東日本からは少々遠いですが、昔ながらの地方私鉄の良い雰囲気(古いと言う意味ではなく)が残る、魅力的な鉄道ですので、サンライズや残り少なくなったロクヨン・セン貨物と381やくもの伯備線などと合わせて、この夏は一畑電車へぜひご訪問くださいませ。(笑)

プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも8年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR