釜石線へ初見参(その6・緑の町に舞い降りて)

皆さんこん○○は。

性懲りもなく釜石線シリーズを続けております。
本日は懐かしのメロディ絡めということで。


2015/7/11 釜石線似内→新花巻

楓ちゃんからの事前希望ヒアリングで、「やっぱし一発目はここかな~」
となった胡四王山。皆さんの作品を拝見すると、だいたいもっと左に振っている
写真が多いのですが、そこでへそ曲がりの血が沸々と(笑)。

北上川の緑の川面が右寄りに覗いております。
そしてコメリの彼方に花巻空港の滑走路。
ユーミンの曲に「緑の町に舞い降りて」というのがあり、
私は長いこと、これは盛岡のことを歌ったのだと
思い込んでいました。

この場所で時間つぶし?に楓ちゃんと話し込んでいるうちに、
一番の歌詞は花巻空港(輝く五月の草原を~世界が息づいてる)、
二番の歌詞が盛岡(銀河の童話を読みかけて~誰かの元へ帰る)
なのだと気付かせていただきました。
(お暇な方はじっくり歌詞を読んでください。お天気を知らせる
「本日の盛岡地方は・・・」なのであって、「間もなく盛岡に到着」
ではないのですね)
ちなみに曲をお聞きになりたければこちらです。

そんなわけで、北上川の緑の川面と花巻空港を収めるには、
右向きの構図と相成った次第です。


これで終わると「おいおい、今日はユーミンを絡めておしまいかい?」
なんてなりますので、こういう画もありますよ、ということで。

IMG_7718-1dpp.jpg
同じく

しかし、トップライトでカマがてかてかすると、ピンが甘くなるなぁ・・・。
やはり秋口に再訪しないとねっ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

楓ちゃん

連コメ、ありがとうございます。

へぇ~、こちらのブログ?は初めて拝見します。
そうだったのかぁ!

ご紹介、感謝いたします。

追記、

ユーミンが緑の街に舞い降りたのは、一説には1972年頃の話というのが地元の定説。
もちろん飛行機はYS11。当時は新幹線はなく羽田便がありました。

参考までに
http://www11.plala.or.jp/ejichan/sub72.html

郷愁紀行さん

コメントいただきありがとうございます。

うーむ。現役蒸気撮影のころは誰だったかな・・・。
キャンディーズとユーミン(荒井由美の時代です)はすでに
登場していたと思います。録音用の大型ラジカセは持参してましたが、
パックインミュージックを聴いてたのか?
でもこの曲はポストSL時代ですね。昭和54年リリースでした。
太田裕美の「木綿のハンカチーフ」は昭和50年、12/21でしたからぎりぎりですかねぇ。

楓ちゃん

コメントいただきありがとうございます。

最初は北上川の緑の川面を入れ込むことだけ考えて、
そのときはそこまで引き画ではなかったんです。
そのうち、花巻空港→ユーミンの「緑の町に舞い降りて」
→奥州山地と話題が発展して、「じゃあ、全部入れちゃおうか」
(段々画角を変えていたのに気付かれましたか?)

この曲も、そして「晩夏」も私は大好きで、この夜の宴会でも前者を
歌ってしまいました。ただユーミンの作詞裏話はときどき愕然と
させられるエピソードもけっこう・・・。

われら世代の懐メロ?

ユーミンでしたか? 私はユーミンに嵌ったのは80年代でした。
ちょっと遅かったです。会社にいた女性に薦められて聞いてうちに
その魅力に落ちました。どっちや?(笑)

SL時代はチューリップと太田裕美でした。
それに松本隆、筒美京平、萩田光雄アレンジなら全てOKでした。(^^)

で、鉄の話は? お見事!、小生はもう体力が(笑)

Re:なあるほど・ザ・わーるど。

さすがは「ひき俯瞰の名人(?)」マイオさん。
しっかりと花空を入れてるとはおみそれいたしました。

ちなみに聞いた話ですが、アナウンスで流れた「ハナマキ」、
ロシア語みたいでいいなあと感じ、
実際に歌詞に取り入れて歌ってみたら、
「ハラマキ」に聞こえてしまいそうで断念。
ならば同じく音の響がいい「モリオカ」にしようと、
そういうことだったようです。

もうひとつ、猫の「雪」は盛岡でのコンサートの時にたくろうが作ったという話が有名ですが、最近の説によると「あなたの後をなんとなくついて」行きたくなったのはの当時(1970年)の花巻駅の本線ホームだったらしいです !?
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR