夜汽車2016(暗闇と白い蒸気)

皆さんこんばんは。

1週間とちょっと置いての更新です。
昨日、この方とご一緒に夜汽車の旅に行っていました。
おかげさまで、昨年に続いての夜汽車体験で、前回とは
違ったアングルで新たな作品をゲットできました。

ではいくつか、アップさせていただきます。



夜汽車の魅力はいまさら語るに及ばず、あえていえば、
暗闇の中に浮かぶ白い蒸気。そして光と闇が織り成す
一瞬のマジック。そこでは、人影すらも雄弁な演者となる。

IMG_5091-1dpp.jpg

客車の最後尾のテールランプ。それがスチームのほの白さと
混ざるとき、遠い昔の旅の記憶が蘇ってくる。
我が世代では誰しも経験がある、北海道へ九州へ、あるいは
会津へ、信州へ、山陰へ。長い長い旅路。

IMG_5096-1dpp.jpg

駅の灯に照らされてぼんやり輝く客車の上縁部。
この夜汽車の行く先はどこだろうか。
これが我々の今宵のねぐらか。
明日の撮影地はどこにしよう。
牽引機が蒸気圧をあげている。
出発は近い。

IMG_5079-1dpp.jpg

入換機のあげる蒸気が白く目立つ。
今夜も冷え込んでいる。
明日の撮影地の峠は積雪があるかもしれない。
朝一番の汽車を待ち構えようか。

不定期となってしまった更新にもかかわらず、
わざわざご覧いただきありがとうございます。
次回の更新は今月末か来月初めか・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

高辻烏丸さん

コメントいただきありがとうございます。

最初はテールランプを後方から狙ってたんですが、
すぐ脇で同業者の方々が何人もうずくまって
「パーツ撮り」を続けられていたので、横に回っての
一枚になりました。

さてさて、2月の夜汽車は今週木曜日予約ですね。
どうしようかな・・・。

No title

このテールライト最高!!
また行きたい。

憂行写人さん

お久しぶりです。コメントいただきありがとうございます。

いいでしょう、思いっきりあの日にワープしちゃう夜汽車。
昨年、初めて高辻さんと乗車して(一昨年は高辻さんと撮影)、
すっかり嵌ってしまいました。

私が行くと雨になりますから、2月は遠慮しておこうかな・・・
(なーんてウソです)
バルブと高感度と、シャッターチャンスはゾロゾロありますよ~。

ひぐま3号さん

コメントいただきありがとうございます。

昼間の汽車撮りで、高辻さんと田野口界隈をぶらぶらしているうちに、
すっかりRJ的旅情追求路線に埋没していきました~。

高辻さんのブログにも登場しますが、五和・神尾で早くも空転、
地名手前でもまたまた、獅子抜里でもまたまた、と相成り、
ここはどこ?どこの難所でしたっけ、という妄想に浸って
おりました~。

浜坂行き吊りサボは、「マイサボ」持参の同業者の演出でした。
凝ってますよね。

風情ありますねぇ

ただただ見入ってしまいます。
昭和の香りがプンプンする風情ある写真ですね。
こういう写真を撮ってみたい~と、2月の夜汽車に照準を定めちゃうかもです。

郷愁漂ってますねぇ

オハニ36の浜坂行吊りサボが如何にも山陰線の夜汽車って演出でいい感じ。
上越の臨時夜汽車で撃沈した身としては撮ってみたい〜と、2月の夜汽車に照準を定めちゃうかもです。

プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR