クラシックレンズを試す

皆さんこんばんは。

またまた1週間ぶりの更新です。
今回は、OMD EM-1でやってみたかったことの一つ、
クラシックレンズのお試しです。

OMD EM-1のライブビューでの拡大は最大14倍。
EOS 6D, 7Dとも最大10倍ですので、私にとっては
マニュアルフォーカスの合焦という鬼門への福音とも
いえるものです。(大した差じゃないでしょ、という声が
聞こえてきそうですが、乱視と近視と老眼が入り混じった私
にはこの差が大きいのです)



2016/1/17 世田谷線 OMD EM-1 + Carl Zeiss Jena Flektogon MC 20mm f2.8

Carl Zeiss Jena Flektogon MC 20mm f2.8についてはこちらを。

一番心配だったピンの来方だが、なんとか・・・。

P1170168-1dpp.jpg

同じく。そこそこ流れてくれる。

P1170183-1dpp.jpg

同じく。絞り込めば奥までシャープな画像。

P1170225-1dpp.jpg

同じく。暗い画面だが、レンズ表現力はさすがだ。

P1170212-1dpp.jpg

f2.8というのはだてじゃない。暗い日でも画面の奥までいけている。

んんん、使えそうだ。

問題は、AFに慣れてしまった私の反射神経。
こっちを鍛えなおさないと、MFの合焦にじたばたしているようでは、
実戦場面ではあかんあかん。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

kishaisanさん

コメントいただきありがとうございます。

不定期更新になってしまった拙ブログを
ご覧いただき感謝感激でございます。

世田谷線は我が家から歩いていける距離で、
しかも専用軌道とはいえ、生活密着鉄道ですので、
撮影対象として重宝しております。

今は亡き義兄のコレクションレンズ。是非とも活用したいと
思いつつ、MF合焦への苦手意識から死蔵してきました。
少なくとも、このレンズは苦手意識を払拭してくれそうです。

最高のテスト!

待っていました!ブログ更新♪。レンズとカメラのテストをする場所も世田谷線とはやはりお洒落ですね。また素晴らしく渋いレンズをお持ちですね。豆さんも単焦点レンズをメインにしておりますが。私なんぞはもうヘロヘロの歳なので、近頃はズームのみ(昔はズームは全否定)です。因みに4×5も6×6も全てカメラ・レンズは防湿ケースでお蔵入りです。※昨年は新宿の写真展でお会い出来ずじまいで申し訳ありません。新緑の只見線ででもお会い出来れば(超俯瞰場所を除く)幸いです。

風太郎さん

コメントいただきありがとうございます。

これは私が自分で購入したのではなく、亡き義兄のコレクション
の一部だったのです。(三脚やマミヤ645などとともに)
どうもこのレンズはピンが奥まで合いやすい定評があるみたいで、
とりあえず今回はミラーレス機のアダプターしかなかったため、
それで試しましたが、いずれキャノンフルサイズ機のアダプターを
入手して正真正銘の20mmや35mmの切れ味を試したい、と
密かに目論んでおります。

いつかは単焦点レンズを(特に広角サイド)と思っていた矢先だけに、
今から採らぬタヌキの勘定を始めてますよ。

ビンテージレンズ

渋いビンテージレンズをお持ちですね。
あまり詳しい方ではないですが、解説も改めて読んでしまいました。
独特な「味」もさることながら、最新レンズに負けないようなキレを見せてくれればニンマリとなることでしょう。
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも8年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR