「北辺」から「汽罐車」

昨日の朝、申し込んであった大木茂さんの写真集 「汽罐車 よみがえる鉄路の記憶」が届きました。



もちろん書店でも入手できますが、私は特典画像入りCDが欲しかった ので、
こちらで申し込みしました。
http://home.t01.itscom.net/ohki-ph/PhotoKikwansyaPR.htm



大木茂さんとは・・・「北辺の機関車たち」を出版された3人のお一人と
いえば、ああ、という方もいるのでは。当時私は1500円が捻出できず、
いつか買おうと思っているうちに絶版になり入手不可能になりました。

以来30ウン年。高校生は社会人になり結婚してその子供も成人。今回は
4000円足らずのお金なら趣味に投じます。

さて、本日は当社がコリアタウンの職安通り、ドンキホーテの前にある
看板に広告を出した初日なので実見に行きました。


人出は大久保通りの方が職安通りよりはるかに多い・・・。
効果はどうかなぁ。ううーーーーん

本日は紅葉橋。
1975/2 湧網線9600牽引貨物
NicomateFtn 50mm EctacromeASA64


紅葉橋は臨時停車場でしたね。これがどちら側かよくわからないのです。
南九州ならば結構記録が残っているのですが、北海道の記録は行方不明
でありまして(汗)。
お分かりの方、お時間あるときに教えてくださいませ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Unknown

北辺・・・。
くろくまも資金捻出ができませんでした。
先日古書市で発見したのですが15,000円では手がでませんでした。

紅葉橋の画、キューロクらしいいい画ですね。
色合いも当時を想起させるものです。

ごっつぁんです

ええーーーっ!北辺は古書市で15000円?
まぁそのくらいの価値はありますが・・・

紅葉橋、こんなにど曇りで当時はがっくり。でも毎日こんな感じだったのかしら。
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR