クラシックレンズを試す・その2

皆さんご無沙汰です。

せっかくの久々の更新ですから、あちこちのブログで
多くアップされている真岡鉄道とはお別れして・・・
するとこういう企画になってしまいました。



以前に、Carl Zeiss Jenaの超広角レンズをMicro 3/4sマウントに付けての
試し撮りをアップしましたが、その後にCanon EOSマウントのアダプターを
入手したので、今回はフルサイズ機+クラシックレンズであります。

IMG_1316.jpg

IMG_1314.jpg
今回使用したレンズ群です。
上から順に、Pancolar 80mm f1.8, Pentacon 29mm f2.8, Flektogon 20mm f2.8, Flektogon 35mm f2.8

IMG_5249-1dpp.jpg
まずは80mmから。半逆光ならばなんとかなりますが、真逆光では厳しい結果でした。

IMG_5302-1dpp.jpg
29mmだと思います。日陰の描写力もまずまずでした。

IMG_5238-1dpp.jpg
同じく29mm。逆光になるとこういう結果になります。
でも、こういう描写なんだと割り切ればいいのかも。

IMG_5230-1dpp.jpg
35mmです。日陰の描写力は、これもそこそこのものがあります。

IMG_5347-1dpp.jpg
冒頭の画とこちらが20mm。
全体に暗く、コントラストがきつい状況で表現力をテストしました。
結果は満足いくものでした。

一連のテストではっきりしたのは・・・
真逆光ではゴーストが出まくるし、ハレーションも起こしやすい。
そういう画を意図して狙うなら別だが、強みを発揮するのは
晴れの室外なら半逆光まで。
室内から戸外を狙う(駅舎の中から外)のには強そうだ。

特に20mmは被写界深度がそれほど絞らなくともかなり深い。

さてと、実戦デビューするのはどれかな~?いつかな~?




あの日から5年が経ちました。
まだまだガレキだらけだった石巻を訪問して
仮設住宅で映画上演のお手伝いをしたのが
あの年の11月。

仙石線はようやく全通。

昨年の7月に訪問した大槌はまだまだ復興途上。
民宿のおかみさんから「あの日の語り」を聞いて
あらためてあの日を思い起こしました。

私たちに出来ることを、それぞれがその場で
やっていくことが大事なんだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

憂行写人さん

コメントいただきありがとうございます。

千頭の川原の駐車場でお顔を拝見した瞬間に電流が
走るような予感がありました。
「この人が憂行さんだ!」

そこまで、田野口でふられ、千頭の駅近の駐車場で
スカを食らい、これはどういうことになるのかと・・・。
なかなか本人ご登場までスリリングでしたよ~(嘘です)

駿河徳山トンネルの飛び出し撮影、なかなか面白かったですね。
第三橋梁のあおり撮影はかなりお化粧しないと門外不出に
なりそうです。

ええ~っと、煙会と反省会は人によって言い方が違いますが、
要するに蒸気の話をしながらの宴会ですね。
反省ということをしない人もいますので(爆)それって私か?

いろいろとお世話になりました。
先輩を先輩とも思わず、何やかんやと使いだてして申し訳ないです。
でもめっちゃ助かりました。
次回またよろしくお願いします。

ところで煙会と反省会はどう違うのでしょうか?
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR