富士山と芥子粒

皆さんこんばんは。

引き続き先週末の大井川鉄道より、寸描的な写真をば。


2016/3/13 大井川鉄道 塩郷→下泉

この方が昨年12月の作品をアップされてますが、(こちらをどうぞ)、
あと数日でこの場面になるのではないかと思い、
その後では出しにくくなるのでお先に失礼(笑)

この画はさすがにクリックして拡大してご覧くださいね。
左上に富士山ご登場。大井川鉄道で見える富士山って
山頂だけが他の山々の上に乗っかっている情景が
多いのですが・・・
この場所では、けっこう大きく見えてくれました。

・・・で、汽車は? おおっ、いいご質問ですね。
画面はるか右下に煙を吐いて走行中ですが・・・
白煙ならもう少し目立ったのにね。

P3130345-1dpp.jpg
もう一つおまけ。
なぜかこの汽車は塩郷駅で運転停車してました。
発車したので、吊橋の下を白煙で通過します。

P3130328-1dpp_20160318212919405.jpg
さらにもう一つ大おまけだ。(寅さんの叩き売りです)
地名の踏切通過シーン。
ちなみに20分くらい前までは陽光があったのですが、
雲がかかって一気に風が冷たくなりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ひぐま3号さん

コメントいただきありがとうございます。

快晴というより雲間から陽光が覗くかっていう
ハラハラの展開が見えてたので、どうするかな~と
迷いましたが、kishaisanさんを道連れにして上がっちゃいました。

右手回り込みは読めたのですが、期待した白煙がこのシーンでは
来なくて。塩郷に運転停車しちゃったから、期待が高まった分、
ズコッときましたわ。

一橋はぼーっとしてたら、いつの間にか渡ってて、慌てて撮影。
七曲りは、「撮るには撮ったけど」のレベルです~(泣)

No title

たどり着きましたね。何よりでした。
右手に陣取る・・・流石、判ってらっしゃる。そうなです、この富士を基準にすると右手回り込みが大正解
一橋、七曲の画は温存ですか~(笑)

憂行写人さん

コメントならびに本日のリンク、ありがとうございます。

塩郷の実況中継はさすがにこの一連の撮影終了直後でして・・・
撮影中に実況中継はちょっと無理でした(笑)。

せきけんさん

拙ブログへご訪問ならびにコメントいただきありがとうございます。

貴ブログもときどき拝見させていただいております。
ご推察の通り、車2台(二人連れ)でこの場所に参りました。
盛んにベンチに座ったままパラグライダーの撮影に熱中されている方が
いるなぁ、おそらくパラグライダーのスタッフのお一人がゲストの空中写真を
サービスで撮影されているのかな・・・なんて勝手な想像をしてました。(失礼!)

私たちは右手寄りに移動して富士山のアングルを確保しました。
パラグライダー離陸場所だと線路と富士山の位置関係が気になったもので。
今後ともよろしくお願いします。

No title

リンクありがとうございます。
お見込みのとおり、富士山を絡めた画は本日20時に登場です。
私のは出撃記録風おふざけブログなので、出しにくいなんてこれっぽっちも思わずどんどん出していきますよ。
塩郷、マイオさんから実況中継いただいて大助かりでした(笑)

No title

マイオさん、ひょっとしてお二人(車2台)で俯瞰地に来られていませんでしたか?汽車が来るまで私はパラグライダーを必死に撮っていました。たぶん数メーターまで接近していた様でしたが私が声をかけられず失礼しました。
また何処かでお会い出来たら幸せです。
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR