見えるかな?

皆さんこん○○は。

俯瞰撮影のリスクとは、霧や霞で下が見えない、あるいはうまく抜けない、
などありますが、このときは典型的な前者のパターンであります。


2016/5/3 秩父鉄道波久礼→樋口

下の線路からこの辺りを見上げてもよく見えないのですから、
上から同じ場所を見ても同じようになるに決まってますね。

ここで俯瞰好きが嵌る心理的ワナとして、「もしかして一瞬見えるかも」
「もしかして白煙棚引きで幻想的シーンになるかも」という幻想・妄想に
捕らわれるということがあるのです。

この日は、H.Iさんと私の41年ぶりの蒸気撮影行。41年前は二人とも俯瞰好き。
この日の目的は、今月の本番に向けての練習。
とすると、「見えないかも知れないけど、上がっちゃう?」
「いいよ」
ってなもんで、この結果は当然でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも8年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR