暁のシゴナナ

皆さんこん○○は。

本日は既出画ですが、LR5でお化粧をしまして以前とは違うバージョンの
つもりです。


1972/3/XX 日豊本線門石信号所→田野 1526レ C57196牽引

この画には私には若干特別な一枚であります。
というのは、初めて南九州のC57を撮影したのがこの一連のカットなのです。
C57そのものは前年暮れに亀山で参宮線用のC57をスナップ的に撮影
していましたが、ここで撮影した門デフ装備4次形は、亀山の重油併燃装置つき
とはまったく違う種類でした。

KyuushuuMar1972035-1dpp.jpg
同日同所

印象的な朝の雲の下、白煙を吐き出して築堤の上を駆けて行くシゴナナ。
ファインダー越しに電流が流れてきたような強烈な印象でした。

KyuushuuMar1972044dpp2.jpg
同日、田野駅にて 550レ牽引C57196

きれいに磨き上げられて、ボディもパイピングも鈍く輝いています。
実に美しい機械だなぁと見とれてしまいました。

KyuushuuMar1972045dpp.jpg
同日同所

斜め後方からの眺めも実に美しいと知ったのはこのときでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こあらまさん

コメントいただきありがとうございます。

この550レは田野での停車時間が長く、沓掛方のカーブ築堤で撮影後に
田野駅に戻って、いくらでも撮影できました。別の日に牽引機C5749の
キャブ内撮影をしたりしています。
また、この年の夏に沓掛方でC57199+C5766の重連を撮影後に
門石信号所で同じ列車の到着・発車を撮影という3ヶ所での撮影を
したりしました。

前年暮れに亀山で撮影したのはC57110と198でした。いずれも重油併燃装置
つきで、重装備D51と比べると華奢、それでいてスマートとはいえず、あまり良い
印象が持てませんでした。

そこへ南九州のシゴナナたちと出会ったものですから、いわゆる一目ぼれ状態
になりました。

南国のシゴナナ

マイオさん、こんばんは。

田野で停車中の画ですが、私もほとんど同じようなのを撮りました。光線の具合も同じですから、同じ列車でしょう。
堰堤で撮った後、田野の駅に引き返すと、停車中のが撮れました。
マイオさんのはお好みの4次形ですね。私のは1次型の65号機です。そのうちアップします。
この196号機は前輪がスポークだったんですね。ディスクの方がいいような気もしますが、難しいところです。
よく見ると、サイドのナンバープレートが斜めっているような。気のせいでしょうか。
亀山の110号機は悲運であんな姿になってしまい、おまけに重油併燃装置まで付けられて・・・。
それに比べて、筑豊、長崎、大村、肥薩などの九州のシゴナナは、1次型も4次形も美しかったです。
でもやっぱり、最後までお付き合いした日豊線のが一番思い出深いです。
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも8年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR