緑海に浮かぶ橋梁

皆さんこん○○は。

日なたでは汗ばむ季節ですが、まだ湿気が高くないので、
木陰で待てば涼風も通って気持ちよく汽車を待つことができます。


2016/5/7 秩父鉄道武州中川→浦山口

汽車の姿は左の木立に隠れて見えないのですが、ドレーンを切ってブラストが響きだし、
接近を教えてくれます。あとは飛び出してくるのを待ち構えるのみ。
両手にリリースを握りしめ、シュートのタイミングを測ります。

40年前と同じのルーティンです。ただ、現代のデジタルカメラは超高速シャッター。
リリースを押し続ければいくらでもシャッターが切れますが、それでは面白くない。
あえてベストタイミングを待ち続ける私がいました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

憂行写人さん

コメントいただきありがとうございます。

なにね、撮影時に、強気の私と弱気の私が代わる代わる登場するんです。
「このときは」たまたま強気の私が登場したっていうわけで・・・。

弱気のわたしのときは、ちょっと前からシャッター切りまくりになります(笑)

No title

「あえてベストタイミングを待ち続ける私がいました。」
くぅ~こだわってますね~かっこいいですね~
私なんかベストタイミングと思われるちょっと前からシャッター切りっぱなし。どれかヒットするだろうという素人丸出し手法ですよ。
しかも途中で設定変えたりするからもうめちゃくちゃです。(大井川の三橋の流し撮り→通常撮影とか)
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも8年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR