夏の朝

皆さんこん○○は。

復活蒸気の作品も暑苦しい雰囲気しか見当たりません。
そこで、どうせなら40数年前に遡ってみました。

SaninAug1974014馬路dpp
1974/8/XX 山陰本線馬路→仁万 DD51牽引旅客列車

馬路の築堤を登って、切通しを通り、トンネルに突っ込んでゆきます。
昨年まではC57牽引のスジでしたが、このときはDD51にすでに変わっていました。

とても画にならない(と真剣に思っていました)赤いディーゼルを正面から撮る気など
さらさらなく、客車の後姿だけをなぜか一枚パチリ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こあらまさん

コメントいただきありがとうございます。

当時と現在の違い・・・かなり長い旅客列車がDD51牽引とはいえ、
まだ走っていた当時。そしてキハ2連か単車になって間引きされたスジ。
まだD51が貨物列車を牽引していた当時。貨物列車そのものが稀少化した現在。

そのことに思いを馳せることもありますが、実はこのとき、この場所で、D51牽引貨物列車を
撮影した直後のこの旅客列車のスジだったのです。うーん、やはり撮る気しない状態でしたぁ。
当時の心境は、SLを駆逐する「憎いあんちきしょう」でしかないでしたから。
些かは「もしかするとC57が間違って牽引してないか」という期待があったので、引き続き待った
のでしょうね。

旧客を愛でる

本当ですね。当時はなかなかDD51を正面撮りする気にはならなかったものです。
そのため、凸型DDの画は僅かで、今考えると惜しい気もしますが、当時はそれどころじゃなかったのは確かです。
この場所からの正面撮りの素晴らしさは容易に想像できます。旧客の編成美も楽しめたはずです。
赤いのを見ないふりをして、一枚モノクロで撮っておけばよかったですね。

この時代の山陰線は、本当に堂々たる編成でした。この列車も8両までは数えられますが、10両でしょうか。
DD51も力走で、結構排気を吐いていますね。いくら画を拡大しても、DD51は見えてきません。
これなら、C57の後追いと言ったって、分からないんじゃないですか。(笑)
牽引機はともかく、旧客を楽しめる画であることは確かです。
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR