涼なり

皆さんこん○○は。

「ゆく川の流れは絶えずしてしかももとの水にあらず」(方丈記)
昔の方はいいことを仰ったものですね。


2016/6/26 秩父鉄道上長瀞→親鼻

えっ?なんかこんな画を最近どこかのブログで見たぞ~って?
それはこちらでしょう!
同じなのは水の流れをスローシャッターで表現したところ。

ひぐま3号さんの立ち位置と思しき場所は、カヌーやラフトの大会で占領されてまして、
私はもっともっと鉄橋に接近していたのです~

あと、画角もだいぶ違うしね。雲もあんな感じでは出てなかったし。煙もしょぼいですぅ。

EOS6D + 24-105mm f4L + C-PLフィルター使用
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ひぐま3号さん

コメントいただきありがとうございます。

タム玉チョイスも考えたのですが、立ち位置から白波が立つ
場所をフィーチャーすると、結果24mm広角端になってしまいました。
16mmだとお尻を濡らすほど川に入って、しかも向かってくるカヌーや
川下りのお舟を気にせねばならないという状況にわざわざするか・・・
というと、やはり難しいかなってね。

もう少し下流だとガンガン白波が立つ場所が浅いところにあるので、
そこがいいんですが・・・この日は生憎カヌー大会でそこは立てずでした。
まぁ、チャレンジあるのみですね。

9月下旬から10月頃・・・確かに雲の出方もあるので、夏雲よりはいわし雲の
方が絵になりそうですね。

No title

ちょして頂きありがとうございます!
フルサイズで24ミリ?タム玉でガッツンと引けば良かったのではとお見受け致しましたが、どうでしょう〜
因みに元ネタの画角は16ミリです。
ここの河原からの狙い、カメラの高さ(値段じゃないよ地上高ね)、仰角、画角、ポジショニング、お天気に水量、
そして煙の有無ってことの組み合わせ次第で何度もチャレンジして珠玉の一枚創りかなと思います。
是非是非、足蹴よく通われてチャレンジなさってみて下さい。
経験値から9月下旬から10月頃の秋晴れが一番いい季節なんじゃないかと思いますよ。
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR