大井川のトーマス

皆さんこん○○は。

前回はおふざけ版でトーマスを登場させましたが、
今回はもう少し真面目に?考察してみたいと思います。


2016/7/16 大井川鉄道地名にて

大井川鉄道はローカル私鉄の中では健闘していた方だと思います。
それでも、SL等の企画列車で稼いだ分で、それ以外の通常運行分の赤字を
埋めることができなくなっていました。
いわゆる名古屋御三家連でも支えきれなくなり、ついに株主が交替。

新たな株主は、夏場の観光シーズンに目玉となるべきトーマスたちを
徹底的に投入することにしたわけです。

はっきりしていることがいくつか。
まず、いわゆるコアなおじさん鉄を中心とした集客では鉄道経営は成り立たない。
コアなおじさん鉄以外の「なんとなく鉄道もいいね」クラスのソフト層をいかに
呼び込むか。

すると出てくる答えは、すでに全国区人気になっているトーマスたちを中心に
据える、そしてそれを徹底する(ジェームズも、バーティーも、パーシーにヒロも)
ということなのです。

私は、大井川の反面教師というべき存在を最近経験しました。
毎年宿泊してきた、ある旅館(アート展示を売り物にしている)のことです。
こちらは、アート展示にばかりお金をかけて、肝心の接客をどこかに忘れて
しまったようです。これでは美術館としては成り立ちますが、宿泊客は
こころのこもった接客に高い宿泊料金を払うわけで、そんなにアート展示に
熱心ならば旅館業はやめたほうがよいと思います。
(芸術は個人の趣味としてはけっこうですが、ビジネスとしては難しい)

大井川にとっては、「観光鉄道」ならばライバルはたくさんいますが、
本格的遊園地鉄道を目指すならば、それは成算が十分にあると思います。
(かつての西武園は一時期目指していた、と思いますが)

正直にいいますと、これまで人面機関車には食指が動きませんでした。
しかし、苦境に立った大井川鉄道の選択には拍手を送りたいですし、
積極的にトーマス撮影に訪問した(ちょうど「ひ」のつくくまさんのお誘いもあったので)
次第であります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

kishaisanさん

コメントいただきありがとうございます。

「ひらけ!ポンキッキ」でトーマスのオンエアが始まったのは1990年。
我が長男が1歳のときですから、彼は申し子のようなものです。
一緒に見ていて、「これは子供たちにうけるな~」という予感はありました。
単純に、面白かったですから。

ちなみに、お話しの白井昭さんが大井川鉄道の副社長となられたのは、
1987年から1994年まで。「副社長だった頃」は8年間ありますので、その期間
の後半にはトーマスはフジテレビの尽力によって全国区人気にのし上がって
ゆきます。(日本における版権自体はソニークリエイティブが保有)

なお、大井川鉄道でのトーマス初運行は2014/7でしたから、白井昭さんが副社長で
おられた頃には、構想もなかったと思います。ただし、すでにイギリス、オーストラリア、
アメリカでトーマス運行が始まっています。

大井川鉄道にトーマス企画を持ってったのはどなたなんでしょうね。尊敬しちゃいます。

文才はここに有りき!

マイオさんこん○○は。ご無沙汰しておりますが「こんなに私にも分かるよう地方鉄道を分析」されるなんてマイオサンは流石です!。白井昭さんが大井川鐵道の副社長だった頃「日本のSLを走らせていたJR九州、西日本、東日本(何故か北海道はいつも欠席)、ナショナルトラスト、丸瀬布etc」の会合が有り、鉄道ジャーナル故竹島社長の呼びかけで私もお呼ばれして戴き、SLの将来の形・保存費用の工面の方法等の研修をお受けした際には、大井川鐵道さんがまさかトーマスを招聘される等の話は有りませんでした…その頃の私の目線はC62でもC11でも子供達の目から見たら同じだ~を上記皆さんの前で申し上げた位しか今考えると(恥ずかしい)お・は・な・し(汗)。
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも8年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR