子持山の裾を行く

皆さんこん○○は。

あまりの連日の暑さに辟易してしまいますね。
高校生のころは暑さなどものともせずに
(実際は駅の周りでへばって日陰で撮影したりしてましたが)
炎天下でSL撮影するは、もう一つの部活であったヨット
(高校でヨット部があったところは珍しく、関東大会というと、
12校か13校だった)
の合宿であごを出すは、よくまぁ熱中症にもならずにやっていたものです。


2016/7/30 上越線津久田→岩本

先週土曜日の棚下です。ようやく何枚かプリンターで印刷してマイオクサンの批評を
仰いだところ、「どれもこれも汽車が小さいけど、これがなんとか見れるかな」
ということでした。ただ、慣れというのは恐ろしいモノで、彼女も最近は豆粒でも
どこに汽車がいるかほぼ一発で発見するようになってきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ひぐま3号さん

コメントいただきありがとうございます。

まぁ、なかなか困難な道である夫婦鉄ですが、これからも
たまには付き合ってもらおうという目論みもありまして・・・。
俯瞰とか1時間も前からじっと待つという撮り方は捨てざるを
得ません。

No title

ご夫婦でのやりとり・・・
「仲良きことは美しきかな」って感じですね~豆粒の汽車の画って仰っておりますが
南瓜や茄子の画が浮かんで来そうです(笑)
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR