キューロクの日2016

皆さんこんばんは。

うっかりしていましたが、本日はキューロクの日でしたね。
昨年は北海道のキューロクをアップしましたので、今年は
北九州のキューロクにいたします。


1972/3/XX 唐津線多久→厳木

確かちょうどこの頃のRF誌に「撮影地ガイド」として、この区間が
掲載されました。このときの撮影旅行は友人二人と一緒。(中学3年の春休みでした)

RF誌を抱えて、撮影スポットと照らし合わせながら進みました。
後方から汽笛。「来ちゃったぞ」「ここで撮ろう」「旅客だな~」
いわゆる接近遭遇撮影。時間管理もなにもない。おそまつ!
(もっと引き付けた一枚がありますが、そちらはスキャン失敗でした)

KyuushuuMar1972306-1dpp.jpg
もう一枚。こちらは同じ日の西唐津機関区。
半逆光に浮かぶキューロクが印象的でした。
右端に写り込むのは同行の友人。ご愛嬌でカットせずに残しました。
今年の5月の只見訪問で復活鉄となったのは彼でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あべくまさん

コメントいただきありがとうございます。

こちらこそ、ご無沙汰ばかりで恐縮です。
そうでしたか。皆さんFBに傾倒されておられるとは・・・。
私もひとつ検討してみましょうかねぇ。

キューロクの日

ご無沙汰いたしております。
唐津線とは、なかなか渋い選択ですねぇ。
煉瓦造りの庫とキューロクは絵になりそうですね。
私は最近のブログでは撮り鉄ネタばかりで、現役時代のネタはFBがメインになっています。
FBでは、ひぐまさんともお友達になることが出来ました。(^^;
マイオさんも、ぜひ❗(^^;

こあらまさん

コメントいただきありがとうございます。
チューボーのテキトーな写真ですので、そんなに突っ込まないでください。笑

一枚目は、このような遣り取りの挙句、本命引き付け画の前に、
いい煙が上がっていたので、思わずパチリしたと思います。
当時はこういうパターンが多かったもので。

西唐津の煉瓦造機関庫は、この待機するキューロクたちの左手にありました。
一番左端のテンダーになにか書いた跡があるキューロク、
そのカマと機関庫の端が写っている一枚もありますので。
では画面右手の煉瓦造っぽい建物は?
現在はホームセンターになってますが、当時は唐津鉄工所の倉庫だったのでは、
と推理してます。この建物のすぐ奥が唐津港の埠頭なのです。

炭鉱町の眺め

マイオさんも唐津線できましたか。それもよく見るとまさしく貴重な客レじゃないですか。
この画、細かく覗いてみると、周りの多久の街並みが素晴らしいですね。背景の山もいい感じです。
上半分くらいにトリーミングして傾きを直せば、なかなかの昭和風情の画になるんじゃないですか。
引き付けたのより、ずっといいと思います。ただ、記事の行き当たりばったり感はなくなりますが・・・。
西唐津機関区って、こんな感じでしたか。すっかり記憶喪失です。後ろはレンガ機関庫ですよね。

ひぐま3号さん

コメントいただきありがとうございます。

FBですか。
それもいいなと思いつつ、FBには苦い記憶(私本人ではなく)がありまして、
まだ二の足を踏んでますが、さてどうするか・・・。

いつかお話しを聞いたあれね。もう少し考えて見ます。

No title

あら、ここでも9月6日の語呂からキューロクの日ですか〜
私ゃ、ブログで参戦せずFBで参戦です。
何故?ブログは開設10年、FBはまだ数ヶ月。
アハハFBじゃ未公開ネタばかりになるんですもの(笑)
どう?マイオさんもFB参入されてみては。
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR