1973/3, 木曽福島

皆さんこん○○は。

新潟鉄道記の管理人さんが中央西線の今昔物語を
アップされたので、私も昔のネガを漁ってみました。



1973/3/XX 中央西線木曽福島にて D51698

テンダーに書いた文字を消した跡らしきものが見えます。ちなみに、このときは
春闘真っ只中で、運行ダイヤは乱れに乱れ、列車がいつ来るのやら見当が
つかず、駅間で撮影するのを諦めて木曽福島にやってきました。

D51のテンダーの向こうに煙突がわずかに見えますね。

ChuousaisenMar1973012-1dpp.jpg

同日同所

さきほどのD51の発車シーンとなります。
わずかに見えた煙突はC12171のものでした。
このコマには、D51698, C12171以外にC56111(長野から鹿児島へ回送途中)、D51688も
写り込んでいます。

蒸気機関車の終末期とはいえ、幹線の中心駅かつ機関区のある木曽福島は
賑やかでした。

ChuousaisenMar1973014-1dpp.jpg

同日同所

さきほどの貨物列車の後追いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

梨五郎さん

コメントいただきありがとうございます。

そうですか。木曽福島もすっかり変わってしまったでしょうね。
こういうのは立派な産業遺産だと思うのですが・・・。

C56111は長野から鹿児島工場への回送でした。
最後の所属は吉松機関区だったようです。
形式プレート付きでしたが、途中で換えられましたね。
まさか盗難ではないと思いたいですが・・・。

TMTMさん

コメントいただきありがとうございます。

そうでしたね。まったくの偶然ながら、中央西線コラボとなりました。
ただ、私は春闘真っ只中での機関区詣で、TMTMさんは鳥居峠や寝覚めの床と、
いいとこ尽くしですから、羨ましいこと夥しいです。

こあらまさん

コメントいただきありがとうございます。

確かに、機関車と貨車が側線を埋めて並んでいるのは壮観でしたね。
このときは、こういう景色そのものが消えるとはまったく想像もしていませんでした。

木曽福島は機関区といい、ヤードといい、ややこじんまりと纏まっており、
模型化するのにお手本みたいだと思っています。

No title

こんばんは。先日訪れた中央西線。木曽福島も国道から見る限り何処に機関区が有ったのだろう?と思いながら眺めていました。
ホームから写真を写したのは残されていますが、全く分りませんでした。
後ろに写っているC56111は鹿児島が最後の所属だったのですか。型式入りのナンバーで人気が有りましたが、私が写した時には換えられていて残念でした。

たまたまですね

自分も現役SLとして中央西線を今日アップしました。
木曽福島は真夜中に降り立った記憶があります。
たしか土砂降りだったなぁ~
今後とも宜しくお願いします。

木曽一族

2枚目の写真、良い眺めです。ちょっと架線柱が残念ですが、無煙化直前の最後の姿ですね。
C12、C56もいます。木曽のD51の端正な顔立ちは直ぐに分かります。これぞ木曽福島って感じです。
それにしても広い構内です。貨物列車好きとしては、2軸貨車が屯する時代が、ほんとうに懐かしいです。
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR