小海線

小海線は本当はもう一度行きたくてたまらないのですが、
この画と、このときの光景が目に焼きついたまま離れない、
そのためなぜか行きにくい(変わってしまったかもしれないこの
場所を訪れるのが怖い)、そういう場所です。



1972/9 小海線小淵沢→甲斐大泉 C56牽引貨物
NicomateFtn 50mm Ectacrome ASA64 Greyscale

背景の南アルプスは変わることはありません。築堤も変わらない
でしょう。しかし、手前に広がる田んぼは?
私にとって、この場所は聖地です。この美しい風景がずっと
このままであることを祈ります。

先日、大木茂さんの写真集「汽罐車」で雪景色のこの場所を
見ました。やはりもう一度行ってみようかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

やはりいいですね

超有名撮影地でしたが今でも結構人が訪れます。
昨年、小淵沢にD51が走った際に行きましたが、この辺りは変ってませんでした。

あっ。しまった。仕事中だった。
でもね、でもね、呑んではいませんよぉ!

うーむ

そうですね。超有名撮影地でした。

でもここはホントに良かった。

いや、きっと今も良いはずです。

少なくとも湧網線のように廃線に
なったわけではないし・・・。
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR