D511151〔延〕

皆さんこん○○は。

新潟鉄道記の管理人さんが、D511151の思い出を語っておられるので、
私もコラボさせていただくことにしました。

私の場合は、矢岳越えを訪問しようとした昭和47年夏に、
水害で真幸駅が流されてしまい、それどころではなくなり、
結局矢岳越えはそのまま無煙化されてしまいました。

昭和48年3月に南延岡機関区を訪問した際にD511151を
撮影することができました。

KyuushuuMar1973112-1dpp.jpg
砲金製の区名板でした。

KyuushuuMar1973122-1dpp2.jpg

大型集煙装置がなくなり、おとなしい風貌になりました。

KyuushuuMar1973123-1dpp2.jpg

同じ南延岡所属のD51714。こちらは区名板はペンキ書きのようでした。

KyuushuuMar1973127-1dpp2.jpg

発車してゆくD511151。このときは、これで見納めとなりましたが、
同年12月に宗太郎越えでもう一度撮影する機会がありました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

梨五郎さん

コメントいただきありがとうございます。

矢岳越えといい、その昔の北陸本線疋田越えといい、
いずれも名にしおう難所でしたから、調子のいいカマを
集めたのはむべなるかなです。特に、矢岳越えは、カマの
良し悪しが乗務員の死活問題に直結したことは間違いなしですね。


矢岳越えの録音をお持ちですか。
私は現役時代はデンスケで録音していたのですが、
それも散逸し、現在は「国鉄時代」おまけDVDの動画くらいです。
キャブで録音した日豊本線もあったのですが・・・

所持するおまけDVDには矢岳越えが入っていないので、なんとか
どこかで探してみたいと思います。

こあらまさん

コメントいただきありがとうございます。

私が汽車写真の撮影を始めたのは昭和46年12月なんです。
せめてもう少し、その年の夏休みから始めていれば・・・
こういう悔いは言い出したらきりがありません。
それこそ、こあらまさんではありませんが、「こんちきしょう」的な
話になります。

南延岡時代のD511151は、重油併燃は残っていますが、あの大型集煙装置が
はずれたので、まったく風貌が変わりました。宗太郎超えも今思えばきつかった
はずなのですが、矢岳超えとはクラスが違うということなのでしょう。

No title

こんばんは。コラボして頂きありがとうございます。
1151の延岡時代の走っている写真は初めて見ました。
あのいかつい集煙装置がなくなり確かにおとなしいスタイルになり大畑で活躍した釜とは思われません。
人吉の釜は好調な釜を集めたという事を聞いたことが有ります。敦賀もそうだったと思います。
山岳路線で蒸気の上がりが悪い釜では乗務員が難儀で、死活問題だったと思います。
今も時折目にすることが出来なかった矢岳越えの音を聴きながら線路配置などを想像しては楽しんでいます。

山線の古武士

この罐をどこかで見た記憶があったのですが、
この記事( http://koarama101.blog.fc2.com/blog-entry-197.html )の一枚目の罐でした。
この写真ではナンバーを完全には読み取れませんが、原版で確認したところ「1151」でした。
古武士のような肥薩線山線の装備を外してしまうと、標準仕様の全くの別罐ですね。
マイオさんは、真幸の災害で山線に行けなかったのでしたか。それはそれは、残念無念なことでしたね。
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも8年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR