三脚の交替

皆さんこん〇〇は。

本日は撮影道具の話です。



復活撮り鉄となった2008年以来、この義兄の遺品の一つであるGitzoと行動を
共にしてきました。が、5月の只見線でいくつかの俯瞰撮影で山登りをするうちに、
あまりの重さに自分で悲鳴を上げてしまいました。

ちなみに、5kgあります。どんな強風でもびくともしない堅牢さはさすがです。
ただ、カメラとレンズを軽量化してきて、この三脚を持って山登りというのは、
どうにもナンセンスだなぁ、と思えてきました。

復活撮り鉄の最初は、フィルムカメラ・レンズ・三脚とも義兄の遺品で開始しました。
そのうち、カメラがデジタル化して、レンズが追随し、さらに軽量小型化。
最後に残ったのが三脚でした。

IMG_2478dpp.jpg
というわけで、これになりました。
なーんだ、Gitzoじゃないの、といわれそうですが、うーん、10万円超の三脚は
買えないですよ。実は、先月の釜石線が新三脚のデビュー戦となりました。
まだ山登り俯瞰の伴となるのは先の話ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まこべえさん

コメントいただきありがとうございます。

はい、スリックのカーボンマスター724の記念モデル、
雲台2種類付きでお買い得品でした。
これで、飛行機搭乗時に三脚を預けないですみます。

重量も5kgから一気に2kg足らずになりました。
平地を歩くだけなら、なんとかなりますが、俯瞰場所の
はしごをやると、こいつは文字通りお荷物でした。

ただ、これまではそこまで負担に感じなかったんですが、
足腰が衰えたせいか、とにかく軽量化したくなりました。
私も一脚も使いますが、カメラ2丁切りをやるときは三脚と
プレートが必須になります。

カーボンマスター! かな

10代の頃は、バーをつけた重たい三脚を担いでどこまでも........でしたが、さすがにもう無理。
最近は、三脚じたいをめったに使うこともなくなり、必要があれば一脚ですませています ^^;
とはいえ、どうしても必要な時はあるもので、カーボンマスターがぎりぎりの妥協点ですね。
それでもまだ2キロありますが、5キロの三脚と比べたら重さは半分以下。
ミラーレスにカーボンに、いい時代になりました。
ただ、あの重さに耐えながら蒸気を追いかけたからこそ、いまも熱い思いがあるのかもしれません。
山口のD51200も、試運転がはじまりましたね。
撮影ではなく、汽車に会いに出かけてみたいものです。

プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR