写真展訪問

皆さんこん〇〇は。

前回アップの追記に書きましたが、先だっての日曜日に
ブログでお世話になっている山岡山さんが出展されている写真展を訪問。
ご本人にも初めてお会いできました。



最終日でしたので、ぎりぎりでした。
なお、入場料は500円。それだけに、展示はパネルもキャプションもかなり気合が入ったもの。
また、出展者の方々も名だたるもの。
面白い試みとして、鉄ちゃん向けの部と、猫好き向けの部を同時開催(フロアが異なる)して、
集客アップを狙っていたこと。事実、猫好き向けのフロアでは若干違う客層が見られました。

IMG_2511dpp.jpg
こちらが山岡山さんのコーナー。向かって左半分。

IMG_2510dpp.jpg
同じく。右半分です。

IMG_2516dpp_20170804215719508.jpg
キャプションです。

このほか、ご本人のプロフィールとお写真もありますが(私との記念撮影も)
こちらは割愛させていただきます。

山岡山さんの写真の特徴としては、中国地方の鉄路という比較的地味な撮影対象ですが、
自然現象を巧みに取り込み、光線の活かし方もかなり大胆。
現像ソフトもそこまで使うことなく、実に感心する色使いを見せてくれます。

使用レンズはすべて単焦点という写真の原点に立った姿勢で、かなり神経を使った
フレーミングをされます。

鉄道風景写真はフレーミング、車両の目立たせ方、そして光線の活かし方が三大要素だと
思っていますが、そのすべてで「なるほど!」という作品を発表されます。

まぁ、私などが評するのもおこがましいことこの上ないので、ここらでやめておきましょう。

最後に、今回の写真展の入り口でばったりお会いしたkoppel-2さんを始めとする鐡楽者の方々の
写真展を告示しておわりとさせていただきます。

shashin002dpp.jpg

会場のギャラリー蒼穹舎はこちらをご覧ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

山岡山さん

お忙しいところわざわざコメントいただきありがとうございます。

本当はここでいう三大要素など常識中の常識という思いもありますが、
意外と無視する方も多いもので・・・
もう一つ、「細部への拘り」もありますが、これも写真撮影をするうえで常識かもしれません。

フレーミングと一口に言っても、これこそ感性と原則(取り込む対象を絞る)のぶつかり合い
がありますので、奥が深く、だから面白いのでしょうね。

最近、けむりプロのSさんから、「鉄道讃歌」のゲラ写しをいただき、写真集ってここまで事前に綿密に
作り込むものなのか、と感無量になりました・・・ならば一枚一枚の写真でも事前イメージを固めて
いきたいものだな、と(即興スナップももちろんありですが)思いを新たにした次第です。

遅ればせながら

こんばんは。

先日は『「鉄道」と「猫と鉄道」写真展』へご来訪いただき、まことにありがとうございました。
最近いろいろと多忙で、自身のブログ更新で手一杯の状態が続いており、ご紹介いただいていたにもかかわらず、ようやく本日、拝見した次第です。遅ればせながら、ご紹介いただき、ありがとうございました。

さて、今回の渋谷の写真展ですが、写真展を通じていろいろな出会いがあった中で、特に、マイオさんや風太郎さんにようやくお会いできたことが、私にとって何よりの糧となりました。
あらためまして、今後ともよろしくお願いいたします。

しかし、「鉄道風景写真はフレーミング、車両の目立たせ方、そして光線の活かし方が三大要素」は名言ですね。
今度、使わせていただきますね。もちろん、‘大先輩がそう言っておられた’という枕詞付きで。(笑)

ちなみに、出展した10枚についてですが、ありがたいことに、今月末まで広島のラボで再展示していただけることになりました。
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR